がとうとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 武具 > > がとうの意味・解説 

が とう -たう [0] 【牙纛

竿先に象牙装飾のある大旗天子または大将軍の旗。 「自由の-をて/佳人之奇遇 散士

が とう ぐわたう [0] 【瓦当】

軒丸瓦先端半円または円形部分半円形から円形へと発展した。文様施される

が とう ぐわたふ [0] 【瓦塔】

瓦質または須恵器の塔。木造の塔の形をして各層ごとに焼いてから組み立てたもの。奈良時代または平安前期頃に作られた。礼拝対象あるいは墳墓標識などとする説がある。

が とう ぐわたふ [0] 【臥

〔「」は腰掛けの意〕
寝台。ねどこ。

がとう

意味

たいそう

使用例

こりゃあがとうな漁だなあ

(これはたいそうな漁になったなあ)

解説

今まで、全然が獲れなかったのに、潮の加減か、急にが獲れたとき「こりゃあ、がとうなこんだ」と言って喜んだそうです。がとうは、過当限度超える状態)がなまったものでしょうか、大層、たくさん、大変なというとき使われていたようです
方言「がとう」のイラスト


がとう

出典:『Wiktionary』 (2008/02/04 05:48 UTC 版)

同音異義語

がとう




がとうと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「がとう」の関連用語

がとうのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



がとうのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
焼津市歴史民俗資料館焼津市歴史民俗資料館
Copyright © City of Yaizu.All rights reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのがとう (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2019 Weblio RSS