いひしゃあなぐまとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 娯楽 > 穴熊 > いひしゃあなぐまの意味・解説 

居飛車穴熊(いひしゃあなぐま)

将棋の戦法のうちの一つ

序盤陣形で、大駒である飛車最初にあった位置から一歩も動かさず、王将左下移動させ、その周り自陣の駒で固めるという戦法だ。守備厚くすることで、その分を攻撃専念できるとあって将棋界では広く採用されている有名な戦法だ。

居飛車とは、序盤飛車を動かして陣形を整える「振り飛車」と対をなす戦法だ。そのため棋士対局開始同時に指し手によって、まず居飛車振り飛車どちらか一方選択する。

飛車位置決めると同時に王将を最も安全な場所に移動させ、金将銀将など自陣の駒を使ってその周り囲う。特に、王将を完全に囲い込む穴熊は、冬眠する熊が穴の奥深くにもぐる様子由来し、最も頑丈だとされている。

2001年 2月 8日から山口県柳井市行われた第50王将戦の第4局では、羽生善治王将が居飛車穴熊を用い、谷川浩司9段を破った。結局2001年の7番勝負では羽生善治王将王将の座を守っている。

この戦法について、プロ棋士田中寅彦9段は、将棋雑誌などで元祖自称していた。これに対し、アマチュア棋士大木和博氏が先に考え出したのは自分であるとし、東京地裁提訴した。その後最終的司法判断最高裁判所求めていたところだった。

(2001.02.23更新




いひしゃあなぐまと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

いひしゃあなぐまのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



いひしゃあなぐまのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2019 時事用語のABC All Rights Reserved.

©2019 Weblio RSS