ITサービスマネジメント ITサービスマネジメントの概要

ITサービスマネジメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/09/22 12:29 UTC 版)

概要

ITサービスを提供する企業には利用顧客のニーズだけでなく、自身の事業目標の達成、事業活動に必要な法令の遵守など、複雑で様々な要件が求められる。これらを適切に管理し、各種ITサービスを利用顧客に提供する為に必要な仕組みをITサービスマネジメントと呼ぶ。 一般的にITサービスマネジメントは以下の5階層で整理され、仕組みが提供されている。

階層 概要
ISO/IEC20000 Part1 ITサービスマネジメントの認証基準であり、ITサービスを提供する企業が満たすべき規格。
ISO/IEC20000 Part2 ITサービスマネジメントの実施基準であり、認証基準を満たす為の参考例。
BIP0005/PD0015 ITサービス管理の概要を記述したチェックリスト。
ITIL ITサービスマネジメントを実行する為のベストプラクティスを文書化したもの。
個別のマニュアルや手順書 企業や組織が個別に作成している業務ごとのマニュアルや手順書。

ITサービス業

ITサービスとはITを利用する顧客のビジネスを支援するIT機能の集合体である。情報化社会においてはITとビジネスは切っても切れない関係にあり、企業にとって新しいビジネスモデル市場そのものを産み出す存在となっており、必要とされるサービスの重要性・複雑性は増し、その内容も日々高度化してきている。一部の高度なITサービスは企業単体で扱えきれなくなり、ITサービスを専門に扱う会社、データセンターの誕生とともにITサービス業という業種が誕生した。

関連項目

参考文献

  • 『ITIL大全』日経コンピュータ編、日経BP社、2004年12月、ISBN 4-8222-0794-3
  • 『会社を守るITIL -経営者・ビジネスマネージャーのためのIT活用術-』久納信之、加藤寛二、吉田俊雄著、アイテック、2006年3月、ISBN 4-87268-530-X
  • 『強い会社はこうして作られる! ITIL実践の鉄則』久納信之著、技術評論社、2007年6月、ISBN 4-7741-3125-3
  • 『ITサービスマネジメント構築の実践―ISO20000とITILの内部統制整備への活用』KPMGビジネスアシュアランス編、日科技連出版社、2007年9月、ISBN 4-8171-9237-2
  • 『ISO/IEC20000-1:2005(JIS Q20000-1:2007) 情報技術-サービスマネジメント-第1部:仕様 要求事項の解説』大畑毅、塩田貞夫著、日本規格協会、2007年12月、ISBN 4-542-30536-8
  • 『 ITIL入門 ITサービスマネジメントの仕組みと活用』野村総合研究所システムコンサルティング事業本部著、ソーテック社、2008年1月、ISBN 4-88166-622-3
  • 『 ITサービスマネジメント(ITSMS)と認証取得―ISO/IEC20000』村上賢二、藤井 誠一著、ソフトリサーチセンター、2008年3月、ISBN 4-88373-254-1

外部リンク




「ITサービスマネジメント」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ITサービスマネジメントに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ITサービスマネジメント」の関連用語

ITサービスマネジメントのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ESV

IRT355内燃動車

正中環軸関節

化学消防艇すみだ

FXDL

鴨川組

第八十一玉高丸

Passat





ITサービスマネジメントのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのITサービスマネジメント (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS