IPX5とは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > IPX5の意味・解説 

IPX5

読み方アイピーエックスごアイピーエックスファイブ

IPX5とは、電子機器防水性に関する等級のうち、「防噴流形」、すなわち、水の噴射直接浴びても機器本体に有害な影響がないことを表す等級である。

防水性能の等級は、防塵性能等級とともに保護等級として)日本工業規格定められている。保護等級一般的にIPコード」で示され、防塵性・防水性等級が「IP65」のように併記される。この場合の「6」が、防塵性の等級であり、「5」が防水性等級を示す。防水性等級のみを扱う場合には、便宜的防塵性の箇所を「X」とし、「IPX5」のように表記される。

防水性に関する保護等級は、0~8の9段階設定されている。「0」(IPX0)は特別な保護がされていない状態を指す。「IPX1」は、真下落下する水滴からは耐える。IPX3は「防形」とされ、鉛直から斜め60度の角度落下する水滴耐える。IPX5は「防噴流形」で、「あらゆる方向からの噴流による有害な影響がない」と定義されている。

なお、IPX6は「耐水形」で、強い噴流にも耐える等級であり、IPX7は「防浸形」で、特定条件下で一時的水没しても浸水耐えるIPX8は「水中形」と呼ばれ、ある程度継続的水没水中使用しても浸水せずに使用できる性能があることを示す。

防塵防水長所とする携帯電話スマートフォンは、一般的に、IPX5、IPX7といった保護性能確保されている。IPX5とIPX7は対応する環境異なり試験方法異なるため、「IPX5 / IPX7」のように併記されることも多い。


参照リンク
IP試験(電気機械器具の外郭による保護等級試験) - (沖エンジアリング株式会社
「IT用語辞典バイナリ」の他の用語
コンピュータ:  非ノイマン型コンピューター  ボックス  フリーズ  IPX5  IPX7  IPX8  IPX0

電気機械器具の外郭による保護等級

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/01/15 04:05 UTC 版)

(IPX5 から転送)

電気機械器具の外郭による保護等級JIS C 0920)とは、日本工業規格で規定された防水や防の程度についての等級。家電品のカタログや説明書などに「JIS保護等級」と記載される場合、この内の防水に関する等級を指す場合が多い。この等級を製品等に表記するには、規定に従った試験を通過しなければならない。


[ヘルプ]
  1. ^ 「キーワード IPX(防水規格)」、『日経エレクトロニクス』第1009号、日経マグロウヒル社、2009年7月27日、 130頁、 ISSN 03851680NCID AN0018467X


「電気機械器具の外郭による保護等級」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「IPX5」の関連用語

IPX5のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

Surface Book

Microsoft Band

Windows 3.x

Kobo Glo HD

Kindle Voyage

Microsoft Office Live Workspace

京

prosolid





IPX5のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2017 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリIPX5の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの電気機械器具の外郭による保護等級 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS