東郷平八郎とは?

とうごうへいはちろう とうがうへいはちらう 【東郷平八郎】 ○


【東郷平八郎】(とうごうへいはちろう)

明治中期活躍した旧日本海軍提督。(1848年生~1934年没)
生涯最終階級位階・勲等功級爵位は、元帥海軍大将従一位大勲位功一級侯爵

薩摩国鹿児島郡加治屋町(現:鹿児島市出身
少年時代薩摩藩士として薩英戦争参加し、以来戊辰戦争薩摩軍艦乗り込んでさまざまな海戦参加五稜郭の戦いでは五稜郭への艦砲射撃も行った。

明治維新後、新政海軍士官として入隊明治4年1871年)から11年(1878年)までイギリス留学帰国後の明治12年1879年12月海軍少佐昇格した。
日清戦争では巡洋艦浪速」の艦長として参戦戦争一時期病床臥すも、明治32年佐世保鎮守府司令長官明治34年には新設舞鶴鎮守府初代司令長官歴任した。

そして日露開戦前の緊迫時期海軍大臣山本権兵衛第一艦隊連合艦隊司令長官任命され、明治37年1904年2月日露戦争では戦艦三笠」に座乗ロシア太平洋艦隊根拠地旅順への攻撃黄海海戦はじめとする海軍作戦全般指揮同年6月海軍大将昇進する。

明治38年(1905年5月日本海海戦においてヨーロッパから極東回航してきた第二太平洋艦隊バルチック艦隊)を迎撃
東郷は「丁字戦法」や「トウゴウ・ターン」と呼ばれる戦法用いてバルチック艦隊撃破し、日本海軍勝利に導いた。
この海戦での勝利世界注目集め「アドミラル・トーゴー」としてその名は広く知られるようになった
また同盟国だったイギリスジャーナリストは「東洋ネルソン」とイギリス国民的英雄比して称えている。

その後軍令部長東宮御学問所総裁などの要職歴任
1913年大正2年)には元帥府に列せられ、以後最先将校として海軍大きな影響をもたらした。
昭和9年(1934年5月膀胱ガンにより満86歳で逝去逝去直前侯爵となり、国葬で葬られた。


東郷平八郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/19 23:59 UTC 版)

東郷 平八郎(とうごう へいはちろう、弘化4年12月22日1848年1月27日) - 昭和9年(1934年5月30日)は、日本の幕末から明治時代薩摩藩士、軍人階級元帥海軍大将日清戦争では「浪速艦長として高陞号事件に対処。日露戦争では連合艦隊司令長官として指揮を執り日本海海戦での完勝により英雄視され、「陸の大山 海の東郷」「アドミラル・トーゴー」「東洋のネルソン」と呼ばれた。世界三大提督(ジョン・ポール・ジョーンズホレーショ・ネルソン、東郷平八郎)の1人。各地の東郷神社に名を残す。位階従一位勲位大勲位功級功一級爵位侯爵




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 秋山真之参謀が起草。
  2. ^ ニューカッスル・ユナイテッド、初期の黄金期の出来事である。ニューカッスル造船所や兵器工廠、砲廠のアームストロング社などがあり、日本にとって重要な取引先であり留学先でもあった。日本海海戦にもこの造船所で作られた戦艦が多数参加、主力艦を占めた。
  3. ^ この時には昭和天皇直々に「元帥は凡てに付き達観するを要す」と実質的戒告を受けた(茶谷誠一著「昭和天皇側近たちの戦争」 2010年、吉川弘文館、ISBN 4-642-05696-3)。
  4. ^ 実際、当事の海軍士官の俸給が内職を必要とするほど寡少であったとは考えにくい。
  5. ^ ただし、天皇の諮問機関である軍事参議官会議では最古参の大将(東郷の生前では最古参の元帥に等しい)が議長となるため東郷にはその職責はある。東郷は1929年に井上良馨が死去した後は海軍最古参の元帥であり、翌年に奥保鞏が死去した後は陸軍をも含めての最古参の元帥となった。
  6. ^ この状態の三笠の写真が残っている。
  7. ^ ただしハルゼー自身は日本海海戦は日本の卑怯な奇襲攻撃、舞踏会の日本人はニヤニヤした顔の裏でよからぬ事を企んでいると、この年別のパーティーで東郷と出会っていたチェスター・ニミッツレイモンド・スプルーアンスとは異なる感慨を抱いていたと言われる(詳細はウィリアム・ハルゼー・ジュニアの項を参照のこと)。
  8. ^ 他にもオオヤマカワゲラ(大山巌)、ノギカワゲラ(乃木希典)、カミムラカワゲラ(上村彦之丞)と、何れも日本の偉人に因んだ命名がある。
  9. ^ これは東郷の発言として有名であるが、聯合艦隊解散の辞を起草したのは秋山真之である。後に海軍兵学校の講義で井上成美は、この主張に対しもし敵の初弾が1/100の確率で味方の砲に当たった場合、反撃の手段を失うことになるとの確率論を根拠にこれに反証し、過度の精神主義に頼ることを批判した。
  10. ^ 1912年に作曲された管弦楽組曲で、『お江戸日本橋』、『かっぽれ』、『さらし(越後獅子より)』の三曲で構成された(志甫 2008, p. 126)。

出典

  1. ^ a b 山中速人 『ハワイ』 岩波書店〈岩波新書〉、1993年,127頁
  2. ^ 中村 2009, p. 384.
  3. ^ a b 『ニュータイプ中学歴史資料 学び考える歴』浜島書店
  4. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』 吉川弘文館、2010年、192頁
  5. ^ 第2576号 9.6.2 外国海軍指揮官接待に関する件』 アジア歴史資料センター Ref.C05023436600 
  6. ^ 海軍大将有馬良橘外十七名葬儀委員長葬儀副委員長並葬儀委員被仰付』 アジア歴史資料センター Ref.A10110759500 
  7. ^ 第一編 第三章 第三節 宮司ノ葬儀委員長 第一 序説』 アジア歴史資料センター Ref.A10110735000 
  8. ^ 第二編 第二章 第一節 三 葬儀委員長、副委員長ノ更送及委員ノ異動』 アジア歴史資料センター Ref.A10110736600 
  9. ^ 永藤欣久「16)元帥東郷平八郎使用と伝わる総義歯 入交直重東洋女子歯科医学専門学校教授所蔵]」、『日本歯科医史学会会誌』第29巻第4号、日本歯科医史学会、2012年9月30日、 284頁、 ISSN 0287-2919。
  10. ^ a b 野村 1999, p. 203.
  11. ^ 野村 1999, pp. 224-225.
  12. ^ 神奈川新聞 昭和21年4月24日
  13. ^ a b c d 志甫 2008, p. 126.
  14. ^ 東郷ビール 330ml×1 【瓶ビール/アルコール:4.5%/辛口/ピルスナー】 よこすか海軍カレー通販専門店 調味商事オンラインショップ
  15. ^ 1988年5月17日 南日本新聞のコラム「南風録」
  16. ^ 参考、「たたらのはなし」日立金属HP
  17. ^ a b 志甫 2008, p. 119.
  18. ^ a b c d e 志甫 2008, p. 120.
  19. ^ a b 歌崎 1998, p. 179.
  20. ^ a b c d 志甫 2008, p. 121.
  21. ^ a b c 志甫 2008, p. 124.
  22. ^ 『官報』第1925号「叙任及辞令」1889年11月27日。
  23. ^ 『官報』第3521号「叙任及辞令」1895年3月29日。
  24. ^ 『官報』第3644号「叙任及辞令」1895年8月21日。
  25. ^ 『官報』第3838号・付録「辞令」1896年4月18日。
  26. ^ 『官報』第4483号「叙任及辞令」1898年6月11日。
  27. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1906年12月30日。
  28. ^ 『官報』第7272号「授爵敍任及辞令」1907年9月23日。
  29. ^ 『官報』第7771号「叙任及辞令」1909年5月24日。
  30. ^ 『官報』第8510号「叙任及辞令」1911年10月31日。
  31. ^ 『官報』第1187号「叙任及辞令」1916年7月15日。
  32. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  33. ^ 『官報』第1891号「叙任及辞令」1918年11月21日。
  34. ^ 『官報』第4267号「叙任及辞令」1926年11月12日。
  35. ^ 『官報』第2221号「授爵・叙任及辞令」1934年5月30日。
  36. ^ 『官報』第2221号・号外「辞令」1934年5月30日。
  37. ^ 『官報』第2223号「故元帥海軍大将侯爵東郷平八郎葬儀」1934年6月1日。
  38. ^ 『官報』第2222号「叙任及辞令」1934年5月31日。
  39. ^ 『官報』第5811号「辞令」1902年11月15日。
  40. ^ 『官報』第6819号「叙任及辞令」1906年3月27日。
  41. ^ 『官報』第8037号「叙任及辞令」1910年4月11日。
  42. ^ 『官報』第4066号「叙任及辞令」1926年3月17日。
  43. ^ a b 志甫 2008, pp. 125-126.
  44. ^ 志甫 2008, 巻末.
  45. ^ 東郷平八郎曾孫東郷宏重「心に住む曾祖父」、日本随想録編集委員会編『日本海海戦随想録<永久保存版>』(合資会社歴研、2003年初版、2005年永久保存版)第三篇 子孫が伝える「日本海海戦」、所収。


「東郷平八郎」の続きの解説一覧





東郷平八郎と同じ種類の言葉


固有名詞の分類

江戸時代の人物 各務支考  小泉斐  東郷平八郎  鳳潭  杉原嘉中
幕末の人物 原六郎  松平宗秀  東郷平八郎  藤村紫朗  西郷鷹
日本の海軍軍人 松平保男  田村久三  東郷平八郎  川村純義  末次信正
大日本帝国海軍軍人 扇 一登  高柳儀八  東郷平八郎  川村純義  末次信正
幕末維新側人物 中山忠光  所郁太郎  東郷平八郎  藤村紫朗  山本権兵衛
日本の伯爵 梨本徳彦  陸奥宗光  東郷平八郎  佐久間左馬太  長谷川好道
明治時代の人物 河上彦斎  永山武四郎  東郷平八郎  和久正辰  本野盛亨
日本の神 (人物神) 珍彦  永山武四郎  東郷平八郎  伊藤博文  児玉源太郎
貴族院侯爵議員 木戸幸一  華頂博信  東郷平八郎  伊達宗彰  伊藤博文

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「東郷平八郎」の関連用語

東郷平八郎のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

徳川慶喜

T-38

あすか

松平容保

福地源一郎

プローブアンドドローグ

徳川家達

ポストストール機動





東郷平八郎のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
国立公文書館 アジア歴史資料センター国立公文書館 アジア歴史資料センター
All rights reserved/Copyright(c) Japan Center for Asian Historical Records
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの東郷平八郎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS