陸奥宗光とは?

陸奥宗光 むつ むねみつ

陸奥宗光の肖像 その1
弘化元年7月7日明治30年8月24日 (1844~1897)

和歌山生まれ。外交官、政治家。父は和歌山藩士。幕末期海援隊参加維新後外国事務局御用掛、兵庫神奈川県知事大蔵省租税頭、元老院議官歴任明治11年(1878)政府転覆企図した土佐立志社事件関与免官5年入獄出獄欧米歴訪し、帰国外務省入省21年(1888)駐米全権公使就任23年(1890)第1回衆院選当選。第1次山県、第1次松方内閣農商務相、第2次伊藤内閣外相歴任27年(1894)日英通商航海条約調印し、領事裁判権回復実現。対清強硬路線をとり、日清戦争開戦へと導き講和三国干渉を処理した。

キーワード 外交官, 政治家
著作等(近代デジタルライブラリー収載
  1. 利学正宗. [1], [2] / 便撒謨(ベンサム)著 ; 陸奥宗光訳 山東直砥, 稲田兵衛, 明16,17 <YDM201974>

(注:この情報は、国立国会図書館ホームページ内の「近代日本人の肖像」の内容を転載しております掲載内容の複製については、国立国会図書館の許諾を得る必要があります。)

陸奥宗光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/19 17:42 UTC 版)

陸奥 宗光(むつ むねみつ、天保15年7月7日1844年8月20日) - 明治30年(1897年8月24日)は、日本の政治家、外交官、武士(紀州藩藩士)。明治初期に行われた版籍奉還廃藩置県徴兵令地租改正に大きな影響を与えた。また、カミソリ大臣と呼ばれ、伊藤内閣外務大臣として不平等条約の改正(条約改正)に辣腕を振るった。江戸時代までの通称陽之助(ようのすけ)。




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ このとき、同時にこの職に任命されたのは長州出身の伊藤博文井上馨薩摩出身の五代友厚寺島宗則中井弘の5人であった。ここで陸奥はイギリス公使パークスの暗殺未遂事件などの対外事件を処理している。
  2. ^ のちに陸奥はこのことを「粗豪にして身を誤ること三十年」(『山形繋獄』)と詩に詠んでいる。
  3. ^ 日本及日本人』所載「雲間寸観」によれば、林・大江は暗殺すべき人物として秘簿をつくった。そのなかには大隈重信の名もあったが、陸奥はこれを一見して、一人重要な人間が抜けていると言い、自ら筆をとって伊藤博文の名を加えたという。林は大江は、陸奥は平生より伊藤と親しいから、志成った場合は伊藤を推してもよいだろうと考えていたので、陸奥が伊藤の名を加えたのを見て、ひそかに驚いたという。
  4. ^ 試験採用による職業外交官の制度が確立したのは陸奥の外相時代である。
  5. ^ 不平等条約改正に最も反対していたイギリスが態度を軟化させた背景にはロシアの極東進出に対する懸念があった。イギリスの条約改正交渉には「改正後も函館の貿易港としての使用を認めること」という交渉条件が付けられていた。陸奥は、函館の条件さえ呑めば条約改正に応じるに違いないと判断し、ロンドン青木公使宛に「必要あらば、条約改正後も、函館を貿易港と定めても苦しからず」と打電する。返電はイギリスが条約改正交渉に応じるというものだった。
  6. ^ 高田早苗によれば、陸奥の伊藤に対する態度がいかにも恭しく、あたかも属僚が長官に対して意見を申し述べる風だったという(『半峯昔ばなし』)。また、李鴻章との談判のとき、陸奥の娘が大病で危篤状態だったが陸奥は「談判の済むまでは家のことはいってよこすな」と言い置いて来たが、陸奥の顔色の冴えないのを伊藤が怪しんで問いただしたので事実を語った。伊藤は驚いて、「あとは俺が引き受けたから君は帰り給え」といった。それで陸奥は帰ったが幸いにして娘は命を取りとめた。しかし、それから間もなく亡くなったという(『平沼騏一郎回顧録』)。
  7. ^ 宗光の死後、二男潤吉が養子入りした古河家の所有となり、現在は古河電気工業が管理している。
  8. ^ 陸奥の最後の枕頭を見舞った親友中島信行に「僕は妻子に別るるもあえて悲しまず、家事また念頭になし、ただ政治より脱することを遺憾とす」と述べた。心底からの政治好きだったのである。

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j 陸奥宗光』 アジア歴史資料センター Ref.A06051166200 
  2. ^ 『官報』第1119号「叙任及辞令」1887年3月28日。
  3. ^ 『官報』第4246号「叙任及辞令」1897年8月26日。
  4. ^ 『官報』第1927号「叙任及辞令」1889年11月29日。
  5. ^ 『官報』第3103号「叙任及辞令」1893年10月31日。
  6. ^ 『官報』第3352号「叙任及辞令」1894年8月30日。
  7. ^ 『官報』第3644号「叙任及辞令」1895年8月21日。
  8. ^ 『官報』第3644号「叙任及辞令」1895年8月21日。
  9. ^ 『官報』第3207号「叙任及辞令」1894年3月12日。
  10. ^ 『官報』第3336号「叙任及辞令」1894年8月11日。
  11. ^ 『官報』第3223号「叙任及辞令」1894年3月31日。
  12. ^ 『官報』第3498号「叙任及辞令」1895年3月1日。
  13. ^ 『官報』第3683号「叙任及辞令」1895年10月7日。
  14. ^ 『官報』第3815号「叙任及辞令」1896年3月21日。
  15. ^ 『官報』第4005号「叙任及辞令」1896年11月2日。
  16. ^ 『陸奥宗光. 正編』伊藤痴遊 著 (東亜堂, 1912)
  17. ^ 『明治大臣の夫人』岩崎徂堂著 (大学館, 1903)
  18. ^ a b 陸奥宗光未亡人没す新聞集成明治編年史第11卷、林泉社、1936-1940
  19. ^ 下重暁子『純愛 エセルと陸奥廣吉』講談社
  20. ^ 『文藝春秋』第77巻、第3号、p83


「陸奥宗光」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

陸奥宗光に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「陸奥宗光」の関連用語

陸奥宗光のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

山内豊信

岸田吟香

斎藤隆夫

宇垣一成

加藤高明

井上準之助

大山捨松

島村抱月





陸奥宗光のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
国立公文書館 アジア歴史資料センター国立公文書館 アジア歴史資料センター
All rights reserved/Copyright(c) Japan Center for Asian Historical Records
国立国会図書館国立国会図書館
Copyright (C) 2016 National Diet Library, Japan. All Rights Reserved.
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2016 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの陸奥宗光 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS