固定衛星通信とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 情報 > 通信技術 > 通信 > 固定衛星通信の意味・解説 

固定衛星通信

衛星通信とは、宇宙空間打ち上げ通信衛星と、地上設置した無線局との間の通信をいい、耐災害性、広域性、同報性等の衛星通信独自の特徴を活かした利用がされています。



主な利用としては、国際電話中継テレビ番組素材伝送等の基幹回線としての利用加え企業内通信や地方公共団体間の防災行政通信等、専用回線としての利用が増えています


写真:管制局

基幹回線として利用する場合は、直径5m以上もある大きなアンテナ利用します。



ニュース現場からの番組素材衛星通信により伝送するときには直径2m程度アンテナ搭載したトラックなどが利用されます。



直径1m程度アンテナのものはVSATと呼ばれ、防災行政用として広く利用されています。



写真提供:JSATKDDISCC






固定衛星通信と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

固定衛星通信に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「固定衛星通信」の関連用語

固定衛星通信のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

高度道路交通システム

高度道路交通システム

高度道路交通システム

5GHz帯無線アクセスシステム

コミュニティ放送

18GHz帯,無線アクセスシステム

固定衛星通信

ESV





固定衛星通信のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
総務省総務省
Copyright(C)Telecommunications Bureau of the Ministry of Internal Affairs and Communications All Rights Reserved.

©2016 Weblio RSS