元禄文化とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 文化 > 文化 > 元禄文化の意味・解説 

げんろくぶんか -くわ [5] 【元禄文化】

元禄年間中心とする江戸前期の文化新興町人,特に上方商人主な担い手とし,人間性合理性重んずる町人気質特徴とする。特に,文芸面での著し発達がみられた。

元禄文化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/04/30 02:26 UTC 版)

元禄文化(げんろくぶんか)とは、江戸時代前期、元禄年間(1688年 - 1707年)前後の17世紀後半から18世紀初頭にかけての文化。




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 1964年に政治家福田赳夫が言いだした、経済成長下での天下泰平・奢侈安逸の風潮を評した言葉。
  2. ^ 水戸の漢学者で地理学者の長久保赤水が「坤輿万国全図」をほぼ忠実に踏まえて1785年に刊行した「地球万国山海輿地全図説」は、木版で印刷されて民間にひろく流布した。
  3. ^ 西鶴の句は、その奇矯な作風から「阿蘭陀西鶴」といわれた。児玉(1974, 改2005)pp.491-492
  4. ^ 仮名草子には、恋愛物、翻訳物、模擬物、懺悔物、教訓物、戦記物、遍歴物、笑話物などの種類があった。原田 他(1981)p.235
  5. ^ 「三井九郎右衛門」のモデルは三井八郎右衛門。三井の当主は代々八郎右衛門を名のった。
  6. ^ 作者不詳の能楽『放下僧』では、かたきをねらう兄弟が放下師(放下)と放下僧に扮装し、曲舞鞨鼓小唄などの芸づくしをおこなう場面がある。山路(1988)p.45
  7. ^ 伊勢太神楽は、織田信長に敗れた武士たちのうち伊勢国桑名に落ちのびた一派といわれ、全国を旅する芸能集団となって獅子舞・曲芸を演じた。佐藤(2004)p.116
  8. ^ 彦八の出身地の大阪市では毎年9月に「彦八まつり」がおこなわれている。
  9. ^ 上方落語では、今日でも、「見台」という小型のに小拍子を撃ち叩いて音を鳴らす演出があるが、これは「辻噺」より発展した名残りといわれている。つまり、上方ではまず大道芸として発達したため、客足を止めるために大きな音を出す必要があったものと考えられている。日本芸術文化振興会「落語の歴史:落語家のはじまり」
  10. ^ 大橋流、玉置流ともに書の流派で、天の川を渡ることに橋が、恋仲・夫婦仲を磨くことに玉が掛けられている。初代小野お通は北政所侍女だったという伝説の能書家であり、2代目お通はその娘にあたる。横田(2002)pp.361
  11. ^ 宝永に再建された金堂は天平時代のものよりも規模は小さいが、現存する世界最大級の木造建築である。
  12. ^ 戦国時代にあっては、「生と死」の問題は仏教に委ねられていたが、幕藩体制下では超越者との関係を断ち切り、現世的な関係を第一義とする思想が求められたのであり、従来の擬制的な主従関係や身分的・階層的秩序観念を従来に比していっそう本質的なものとして説明する哲学が要請されたのである。奈良本「鎖国下の創造」(1970)pp.110-111
  13. ^ 羅山も、正式に幕府に仕えるときには、家康の命により剃髪して道春と名のっている。以後、羅山の三男の鵞峯までは僧侶待遇であった
  14. ^ 湯島の学塾は、寛政の改革のとき幕府直轄の学問所(昌平坂学問所)に改められ、以後、直臣のみならず藩士・郷士・牢人の聴講入門も許可された。
  15. ^ 順庵門下の白石、鳩巣、観瀾、芳洲、祇園南海榊原篁洲、南部南山、松浦霞沼、服部寛斎、向井滄洲を合わせて「木門十哲」と称することがある。
  16. ^ 新井白石は順庵の塾に束脩を払って入門したのではなく、いわば特待生の待遇であったが、あくまでも順庵門下という意識をもち続け、他からの誘いも断っている。奈良本(1974)pp.55-56
  17. ^ 浅見絅斎の著書『靖献遺言』は中国史における殉国者的な8人(屈原諸葛孔明陶淵明顔真卿文天祥謝枋得劉因方孝孺)らについての歴史的論評であったが、幕末の志士にさかんに読まれた。
  18. ^ 慶安の変由比正雪の乱)と承応の変別木庄左衛門事件)についてそれぞれ漢文で叙述した『草賊前記』『草賊後記』には、両事件と蕃山が何か関係があったかのように書かれているが、もとより何の証拠のない話である。しかし、この記述は公儀権力から蕃山がきわめて危険視された存在であったことを傍証している。尾藤『元禄時代』(1975)p.120
  19. ^ 「蘐」とは「カヤ(萱、茅)」のことであり、所在地の茅場町にちなむ。
  20. ^ 元和元年(1615年)には江西省の僧劉覚、寛永5年(1628年)には福建省泉州の僧覚海、寛永6年(1629年)には福建省福州の僧超然がそれぞれ来日し、それぞれ東明山興福寺、分紫山福済寺、聖寿山崇福寺をひらいている。その後の渡来僧はこの3寺にまずは逗留することが多かった。駒田(1986)pp.110-111
  21. ^ 彰考館はのちに水戸に移された。
  22. ^ このことについて、抱一は兄より、人間の生命を預かる医師がかかる簡便な書籍で医術を学べば必ずや過ちを犯すだろうと諫められ、医書の著述をやめたといわれている。横田『天下泰平』(2002)pp.357
  23. ^ 他に、基盤とする地方は不明であるが葛間勘一による農書『地方一様記』が元禄8年に刊行されている。
  24. ^ 白石はシドッティに「日本は極東の小さな国である」と述べたところ、シドッティから「領土が大きいか小さいか、ヨーロッパから遠いか近いかといったことで国の評価をするのはおかしい」と指摘されている。これは『西洋紀聞』に紹介されているエピソードであるが、合理主義者である白石の自省が吐露されたものとして注目される。市村・大石(1995)pp.72
  25. ^ 綱吉政権による2つの法令は、死んだ牛馬の片付けや町・堀の清掃など清めにかかわる仕事を社会にとって必要不可欠なものにした一方で、その仕事や仕事にたずさわる人を賤視したり、穢れを投影して忌み遠ざけたりするなどの誤った観念を産んだ。高埜(1992)p.150
  26. ^ 綱吉が将軍となって間もない貞享3年(1686年)には「初物禁止令」が出されている。大石(1995)p.31
  27. ^ 当時の民間記録(主として西日本)では、奈良鳴川(木辻)、大津馬場町、駿府弥勒町、播州室小野町、備後鞆蟻鼠町、越前敦賀六軒町、泉州堺の北高須町、兵庫磯町、石見温泉津稲町、佐渡相川山崎町、安芸宮島新町、長門赤間関稲荷町、筑前博多柳町、長崎丸山町などが遊里として知られていたことがわかる。原田 他(1981)p.233

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w 深井(2012)pp.12-15
  2. ^ a b c d 高埜「元禄の社会と文化」(2003)pp.85-90
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z 深谷(2000)pp.80-89
  4. ^ a b c d 尾藤『元禄時代』(1975)pp.16-25
  5. ^ a b c d e f 原田 他(1981)p.247
  6. ^ a b c 尾藤『元禄時代』(1975)pp.26-51
  7. ^ a b c 小澤(1993)pp.60-69
  8. ^ a b 朝尾(1991)pp.30-31
  9. ^ a b c d e f 市村・大石(1995)pp.87-91
  10. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 原田 他(1981)pp.234-237
  11. ^ a b c d 児玉(1974, 改2005)pp.489-501
  12. ^ a b c d e f 児玉(1974, 改2005)pp.471-488
  13. ^ a b c 横田『天下泰平』(2002)pp.328-335
  14. ^ a b c 赤井「浮世絵の成立」(1970)pp.145-156
  15. ^ a b c d 高埜(1992)pp.134-135
  16. ^ 中嶋(2011)pp.100-102
  17. ^ a b c d e f g 児玉(1974, 改2005)pp.501-513
  18. ^ a b c d e f g h i j k 原田 他(1981)pp.239-240
  19. ^ a b 山本博文(2007)pp.38-41
  20. ^ 中野(2012)pp.18-21
  21. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v 原田 他(1981)pp.237-239
  22. ^ a b c d e f g h i j 児玉(1974, 改2005)pp.513-520
  23. ^ a b c d e f g h i 服部「元禄歌舞伎と浄瑠璃」(1970)pp.157-166
  24. ^ a b c d e f 岩崎・山本(1988)pp.576-577
  25. ^ a b c 郡司(1953)pp.388-389
  26. ^ 室木「解説」(1977)pp.393-399
  27. ^ 守随(1979)p.157
  28. ^ a b c 郡司(1953)pp.208-209
  29. ^ a b 山路「祭文」(1988)pp.139-140
  30. ^ a b 吉川(1990)pp.42-44
  31. ^ a b c 郡司(1953)pp.592-593
  32. ^ a b c d 山路「放下」(1988)p.45
  33. ^ a b 佐藤(2004)pp.114-115
  34. ^ a b 渡邊監修『落語入門』(2008)p.14
  35. ^ a b c 山本(2006)pp.10-12
  36. ^ a b c d e 日本芸術文化振興会「落語の歴史:落語家のはじまり」
  37. ^ a b c d e 児玉(1974, 改2005)pp.323-326
  38. ^ a b c d 原田 他(1981)pp.241-242
  39. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 小塩(2010)pp.35-43
  40. ^ a b 吉川「生田流」(1953)p.45
  41. ^ a b 吉川「江戸音楽」(1953)pp.77-79
  42. ^ 佐藤「豊後節」(1953)pp.585-586
  43. ^ 加藤「地唄」(1953)pp.321-322
  44. ^ a b c d 横田(2000)pp.1-18
  45. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa 辻(1977)pp.359-382
  46. ^ a b c d 児玉(1974, 改2005)pp.460-461
  47. ^ a b c d e f g h i j k 原田 他(1981)pp.244-245
  48. ^ a b c d e f g h i j 満岡「光琳・乾山」(1970)pp.137-144
  49. ^ a b c d e f g h 児玉(1974, 改2005)pp.461-465
  50. ^ a b 中野(2012)pp.47-81
  51. ^ a b c d e f 辻(1977)pp.357-359
  52. ^ a b c d 長谷(2007)pp.39-47
  53. ^ a b c d e 辻(1977)pp.427-431
  54. ^ a b c d e f g h 横田『天下泰平』(2002)pp.360-365
  55. ^ a b c d e f 辻(1977)pp.415-416
  56. ^ a b c d e f g h i j k 原田 他(1981)pp.245-247
  57. ^ a b c d e f 辻(1977)pp.419-425
  58. ^ a b c d e f g 辻(1977)pp.425-427
  59. ^ a b c d 辻(1977)pp.416-419
  60. ^ 『日本建築史』藤田・古賀編(1999)pp.94-95
  61. ^ a b c d e f 『日本建築様式史』太田編(1999)pp.92-100
  62. ^ 『日本建築史』藤田・古賀編(1999)pp.46-47
  63. ^ a b 太田富康(2006)pp.31-41
  64. ^ 『日本建築様式史』太田編(1999)pp.116
  65. ^ a b c d 『日本建築史』藤田・古賀編(1999)pp.178-180
  66. ^ a b c d e f g h i j k 小野(2009)pp.35-41
  67. ^ a b c d e f g h i j k l 児玉(1974, 改2005)pp.364-370
  68. ^ a b c d e f g h i j k l m n 奈良本「鎖国下の創造」(1970)pp.110-113
  69. ^ a b 奈良本(1974)pp.54-56
  70. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 原田 他(1981)pp.242-243
  71. ^ a b c d e f g h i j 尾藤『元禄時代』(1975)pp.158-185
  72. ^ a b c d e f g h i j 衣笠「封建倫理と儒学思想」(1970)pp.119-127
  73. ^ a b c d 尾藤『元禄時代』(1975)pp.120-157
  74. ^ a b 中野(2012)pp.125-166
  75. ^ a b c 高埜(1992)pp.182-190
  76. ^ a b c d 駒田(1986)pp.106-111
  77. ^ a b c d e f 尾藤『元禄時代』(1975)pp.186-213
  78. ^ a b c d 尾藤「生き方の指針を求めて」(1989)pp.126-127
  79. ^ a b c d 尾藤「生き方の指針を求めて」(1989)pp.127-128
  80. ^ a b c d e f g h 児玉(1974, 改2005)pp.468-471
  81. ^ 横田『天下泰平』(2002)pp.335-340
  82. ^ a b c d 山田(1989)pp.130-131
  83. ^ a b 横田『天下泰平』(2002)pp.356-360
  84. ^ a b 矢部(1989)pp.132-136
  85. ^ a b c d e f g 塚本「近世の動物図譜の発展」(1989)pp.146-151
  86. ^ a b c 大石(1977)pp.166-172
  87. ^ a b c d e 横田『天下泰平』(2002)pp.351-356
  88. ^ a b c 佐々木(1974)pp.248-250
  89. ^ a b 高埜(1992)pp.232-233
  90. ^ a b c d e f g h i j k l m n 児玉(1974, 改2005)pp.356-364
  91. ^ a b c d 林(2007)pp.44-49
  92. ^ a b c d 市村・大石(1995)pp.3-19
  93. ^ a b 市村・大石(1995)pp.26-28
  94. ^ a b c d e 市村・大石(1995)pp.70-76
  95. ^ a b c 市村・大石(1995)pp.98-103
  96. ^ a b c d 高埜(1992)pp.280-281
  97. ^ a b c d 横田『天下泰平』(2002)pp.341-351
  98. ^ a b c d 児玉(1974, 改2005)pp.351-355
  99. ^ a b 原田 他(1981)pp.243-244
  100. ^ a b c 横田『天下泰平』(2002)pp.320-328
  101. ^ a b c d 山本博文「私塾と藩校」(2002)pp.240-241
  102. ^ a b c 水野(1979)p.303
  103. ^ a b c d 横田『天下泰平』(2002)pp.230-234
  104. ^ a b 横田『天下泰平』(2002)pp.340-341
  105. ^ 原田 他(1981)pp.226-228
  106. ^ a b 高埜(1992)pp.143-150
  107. ^ a b c d e f g h i j 原田 他(1981)pp.228-231
  108. ^ a b c d 大石(1995)pp.29-32
  109. ^ a b 大石(1995)pp.32-33
  110. ^ 中井(1975)
  111. ^ a b c d e f 鎌田(2013)pp.17-20
  112. ^ a b c 原田 他(1981)pp.231-233
  113. ^ a b c d 奈良本(1974)pp.2-25
  114. ^ a b c d e f g h 原田 他(1981)pp.232-233
  115. ^ a b c 尾藤「職業文化人の登場」(1989)pp.105-106
  116. ^ a b 松澤(2003)pp.154-195







元禄文化と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

元禄文化に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「元禄文化」の関連用語

元禄文化のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

フォグシール

ワンプ

日吉大社

スーパーハイデッカー

剥離点

ブラキャミソール

絞り包み

鶏ガラ





元禄文化のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの元禄文化 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS