豪商とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 労働 > 職業 > 商人 > 豪商の意味・解説 

豪商

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/08 15:16 UTC 版)

豪商(ごうしょう)とは、めざましい近世日本の経済発展のなかで巨万の富を蓄えた大商人である[1]


[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 武将として知られた小西行長は小西隆佐の次男である。
  2. ^ 角倉了以は高瀬川京都府)や天竜川静岡県愛知県)・富士川(静岡県)の水運をひらいたことでも知られる。荒木宗太郎は、コーチの王族のグエン氏一族の娘と結婚するなど現地での信頼があつかった。
  3. ^ 紀伊国屋文左衛門は、紀伊国産のみかん江戸に回送したことで巨利を得たという「みかん船」の逸話で有名であるが、これは幕末期の『黄金水大尽盃』という小説のなかでの話であり、史実ではない。竹内(2002)p.290
  4. ^ 最盛期の「奈良茂」の資産はもっと多かったろうと推測されている。竹内(2002)p.290
  5. ^ 「奈良茂」は宝永7年(1710年)に材木商を廃業し、貸家業に転じた。「紀文」も正徳元年(1711年)頃に材木商を廃業、次男の新四郎は東海道保土ヶ谷宿本陣をつとめた苅部家に持参金付きで養子入りしている。竹内(2002)pp.290-291
  6. ^ 当時は節季払いが一般的で、年に2、3度まとめて商品代金を支払う商慣行であったが、その価格には掛け値(支払い期日までの利息)まで含まれていたため、現金の即日払いにすれば掛け値の分だけ代金価格が割安になった。小沢(2002)p.280
  7. ^ 元禄7年(1694年)に三井高利が死去した際にのこした資産は金8万両余であったが、正徳4年(1714年)には三井家の資産は総額24万両余にのぼったといわれる。小沢(2002)p.280
  8. ^ 加島屋は、明治維新に際して新政府に援助し、明治期には加島銀行を設立しているが昭和恐慌により廃業した。

出典



「豪商」の続きの解説一覧





豪商と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「豪商」の関連用語

豪商のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

あやめ2号

おけさ堀

るり渓

ムカデミノウミウシ

壇鏡の滝湧水

7200系

ニューギニアワニ

VADS





豪商のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの豪商 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS