催眠商法とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ビジネス > 商取引 > 商法 > 催眠商法の意味・解説 

催眠商法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/11/24 05:29 UTC 版)

催眠商法(さいみんしょうほう)とは、催眠術的な手法を導入し、消費者の購買意欲を煽って商品を販売する(本来は必ずしも必要ではない製品を売り付ける)商法である。最初にこの商法を始めた団体の名にちなみSF商法(エスエフしょうほう)(由来は後述)と呼ばれたり、参加者の気分を高揚させるため無料配布物等を配る際に、希望者に「はい」「はい」と大声で挙手させることからハイハイ商法とも呼ばれる。


  1. ^ 詳しい法律上の定義や禁止事項に関しては、訪問販売の定義の項を参照されたし。
  2. ^ なお特定商取引法においては、催眠商法は「訪問販売の一種」として扱われる。業者が客の自宅などに訪問して販売行為を行わないのに「訪問販売」というのは違和感があろうが、客が一定の場所に集められ中座し難いなどの理由もあって、同法の上では「訪問販売」である。
  3. ^ 催眠におけるイエスセット、或いはソクラテス的対話効果と呼ばれるもの。
  4. ^ 無論、無料で配布されたプレゼントを客がどうしようと、法律上では契約内容とプレゼントの間に関係はないため、クーリングオフ期間内であれば解約可能である。
  5. ^ 業者自身が客のフリをする人を手配して、熱狂的状況を作り出している。いわゆる当て馬。
  6. ^ 特に普及会で物品購入した顧客に卸売価格で小売を行っていたことは、同じTOCビルに入居していた卸売り業者から「小売りと同じ」と非難され、このことがトラブルの遠因の一つとなっている。
  7. ^ MLM年表
  8. ^ 長期にわたり廉価商品で高齢者を集め、高額商品を販売する“宣伝講習販売業者”に集中処分!!東京都報道発表資料2008年5月21日
  9. ^ 折込広告 新潟日報サービスネット
  10. ^ 催眠商法での暴力事例


「催眠商法」の続きの解説一覧





催眠商法と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

催眠商法に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「催眠商法」の関連用語

催眠商法のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

アロエ・アクティッシマ

初瀬疏水

那珂川

ウガノモク

注意事項

フランス刺しゅう針

イソヒヨドリ

立鶴図小柄





催眠商法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの催眠商法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS