ハイハイ商法とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > ハイハイ商法の意味・解説 

ハイハイ商法

読み方:ハイハイしょうほう

欲しい人が名乗りを上げる方式購入する、という場に呼び込みハイハイと皆が盛んに手を挙げている雰囲気高揚させ、高額または劣悪品物購入させる悪徳商法のこと。催眠商法ともいう。

催眠商法

(ハイハイ商法 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/15 14:16 UTC 版)

催眠商法(さいみんしょうほう、英: Bait-and-Switch Schemes)とは、催眠術的な手法を導入し、消費者の購買意欲を煽って商品を販売する(本来は必ずしも必要ではない製品を売り付ける)商法である。最初にこの商法を始めた団体の名にちなみSF商法(エスエフしょうほう)(由来は後述)と呼ばれたり、無料配布物で客を釣ることから餌づけ商法とも呼ばれ、また参加者の気分を高揚させるため無料配布物等を配る際に、希望者に「はい」「はい」と大声で挙手させることからハイハイ商法とも呼ばれる。


  1. ^ 詳しい法律上の定義や禁止事項に関しては、訪問販売の定義の項を参照されたし。
  2. ^ なお特定商取引法においては、催眠商法は「訪問販売の一種」として扱われる。
  3. ^ 催眠におけるイエスセット、或いはソクラテス的対話効果と呼ばれるもの。
  4. ^ 無論、無料で配布されたプレゼントを客がどうしようと、法律上では契約内容とプレゼントの間に関係はないため、クーリングオフ期間内であれば解約可能である。
  5. ^ 坂口孝則「催眠商法」は一体どのように生まれたのか 日本における自己啓発セミナーの源流」東洋経済2016年5月24日(全5ページ)
  6. ^ 特に普及会で物品購入した顧客に卸売価格で小売を行っていたことは、同じTOCビルに入居していた卸売り業者から「小売りと同じ」と非難され、このことがトラブルの遠因の一つとなっている。
  7. ^ 東京都生活文化スポーツ局 (2008年5月21日). “長期にわたり廉価商品で高齢者を集め、高額商品を販売する“宣伝講習販売業者”に集中処分!!”. 東京都. 2012年6月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年6月12日閲覧。
  8. ^ 折込広告 新潟日報サービスネット
  9. ^ 国民生活センター (1998年9月11日). “販売会場における暴力・脅迫商法 -ほほを平手打ち、「殺す」「家に火をつける」- (PDF)”. 消費者被害注意情報 No.13. 2005年5月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年3月24日閲覧。


「催眠商法」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ハイハイ商法」の関連用語

ハイハイ商法のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ハイハイ商法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの催眠商法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS