ライフセービングとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 方式・規則 > 主義・方式 > 競技 > スポーツ競技 > ライフセービングの意味・解説 

ライフセービング [4] 【lifesaving】


ライフセービング

日本ライフセービング協会の活動

日本ライフセービング協会は、世界唯一のライフセービング国際組織である国際ライフセービング連盟ILS)の日本代表機関として活動しています。現在は全国クラブ設立され、認定資格を持つライフセーバー活躍しています。

日本ライフセービング協会は「人と社会変革もたらす法人として、「救命」「スポーツ」「教育」「環境」「福祉」の領域における生命尊厳の輪を普及していく社会貢献活動を行っています。

ライフセービング(Lifesaving)を直訳すると人命救助となりますが、正確には「人命救助本旨とした社会的活動であり、一般的に水辺事故防止のための実践活動」としています。関連団体個人はこれを活動基本理念として水辺での人命救助監視活動はもちろん、新し救助技術普及さらには学校教育への導入など、水辺事故から犠牲者一人でも少なくしようという社会活動を展開しています。


目的と意義

ライフセービング競技及びライフセービング競技会は、水の事故による犠牲者ひとりで少なくするための救助技術の向上や、ライフセービングの地域的振興海浜などの有効利用による文化の向上とタ全思想普及啓発目的としています。また、実際に海岸プールにおいて監視救助活動を行うことが競技参加資格中に謳われており、ライフセーバー同士フレンドシップ深めるとともに、その応援者オフィシャル競技役員)など、ライフセービングに関わるすべての人々交流の場としての目的あります

競技種目は、実際救助活動要求される要素ベースに作られており、その実践は厳しい状況下においても救助立ち向かうという姿勢勇気が問われ、さらにどのような状況においても的確な判断のできる精神力と、それに対応できる肉体要求されるものです。

すなわち競技会目指しトレーニングするということは結果的実際救助活動に役立つということでもあるのです。よって、ライフセービング競技は、あくまでも手段にすぎないということを知り、勝利を超えた究極目的は、人命救助あります

ライフセービング競技会は、国際ライフセービング連盟ILS)で規定されている種目としてアイアンマン・アイアンウーマン、ビーチフラッグスなどのサーフ競技12種目、50mマネキンキャリー、200mスーパーライフセーバーなどのプール競技10種目があります国内大会をはじめ、世界では2年ごとに世界選手権大会開催されており、世界中ライフセーバーが集まる一大イベントになっています。


種目と概要

  種目 概要




ラン・スイム・ラン 海岸120メートル走り120メートル沖にある9つのブイを泳いで回り、また海岸120メートル走る。
アイアンマンレース 220メートル沖合設置したブイスイムパドルボードとサーフスキーでそれぞれ往復する。
ボードレース パドルボード250メートル沖の3つのブイを回って帰る
サーフスキーレース サーフスキーで300メートル沖の3つのブイパドルをこいで回りゴールする。
ビーチスプリント 海岸90メートルを走る。
ビーチフラッグス 海岸後ろ向きうつ伏せになり、20メートル離れ地点競技者より少なく置かれたホースチューブを取り合う
2kmビーチラン 海岸500メートルコースを2往復する。
ビーチリレー 4人が海岸90メートル直線競争トラック競技とは違い行き違いバトンを渡す
ボードレスキュー 溺者の選手120メートル沖のブイまで泳ぎ次いで救助者がパドルボード向かい救助して海岸に連れて帰る
レスキューチューブレスキュー 溺者の選手120メートル沖のブイ待機し、救助者がレスキューチューブを使って、泳いで救助してくる。
タップリンリレー アイアンマンレースと同じコーススイムパドルボード、サーフスキーを3人の選手リレーする。
CPR心肺蘇生法コンテスト 心肺蘇生訓練人形使い人工呼吸心臓マッサージを行う。3分間どれだけ正確にできたかを審査する。




50mマネキンキャリー 25mを自由形泳ぎ、25m地点水底に沈んでいるライフセービング用マネキン引き上げ残り25mをマネキン抱えて泳ぐ。
100mマネキンキャリー・ウィズフィン 足ひれ付けて50mを自由形泳ぎターン側の水底に沈んでいるマネキン引き上げ残り50mをマネキン抱えて泳ぐ。
100mマネキントゥ・ウィズフィン フィンとレスキューチューブをつけて50m泳ぎ、残る50mをレスキューチューブでマネキン引っ張って泳ぐ。
100mレスキューメドレー 50mを自由形泳ぎ続けて20m(女子は15m)の潜水をし、水底に沈んでいるマネキン引き上げ残りの30m(女子は35m)をマネキン抱えて泳ぐ。
4×25mマネキンリレー 一体のマネキンを25mずつ泳いで運ぶリレー
4×50m障害物リレー スタート側及びターン側の壁からそれぞれ12.5m地点設置された2ヶ所の障害物深さ70cmのネット)の下を潜り抜けながらそれぞれ50mを自由形で泳ぐ4人のリレー
4×50mメドレーリレー 第1競技者は50mを自由形で泳ぐ。第2競技者は足ひれ付けて50mを自由形で泳ぐ。第3競技者は足ひれ付けないでレスキューチューブを肩に掛け50mを泳ぐ。第4競技者は足ひれ付けて肩にレスキューチューブに第3競技者を両手でつかまらせ、それを引いて50mを泳ぐ。
200m障害物スイム スタート側及びターン側の壁からそれぞれ12.5m地点設置された2ヶ所の障害物の下を潜り抜けながら200m自由形で泳ぐ。
200mスーパーライフセイバー 75m泳ぎ水中マネキン引き上げ100mまで泳ぐ。マネキン放しフィンとレスキューチューブを装着し50m泳ぐ。150mの地点マネキンにレスキューチューブをつけゴールまで引っ張る
ラインスロー スタート合図救助者はスローライン回収し、溺者役に投げ返しプールの端まで水中引っ張る


ライフセービング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/04/19 00:29 UTC 版)

ライフセービング(救命行為 : Lifesaving, Life saving)という言葉は、ヨーロッパを発祥とする救助、蘇生応急処置、とくに一次救命処置のことである。に限らず湖沼プールなど水辺の事故に対する救命活動を意味することが多いが、ライフセービングとは本来、氷上山岳地における救助、洪水などの災害時の救命活動、糖尿病心臓発作高山病低体温症凍傷熱中症ショックの治療といった救急医療活動も含む。




  1. ^ en:Baywatch 英語版Wikipedia 2007年11月 2日19:04UTC版
  2. ^ 神戸新聞 2007年1月6日『車いすのライフセーバーの神戸大生に年間表彰』
  3. ^ ふじみ野市立大井プール 日本語版ウィキペディア 2007年8月31日02:37UTC版
  4. ^ a b c d e f g 日本ライフセービング協会 平成16年度パトロール統計(pdf)
  5. ^ Surf Life Saving Queensland: Our History(英文)
  6. ^ 国土交通省 津波・高潮ハザードマップ作成・活用事例集 第6章:津波・高潮ハザードマップマニュアル追加事項(pdf)
  7. ^ Surf Lifesaving Australia :Sponsors DHL(英文)
  8. ^ DHL New Zealand: Surf Life Saving and DHL to continue strong partnership Sep.23 2006(英文)
  9. ^ The Lifesaving Society Alberta and Northwest Territories: Lifesaving Society History(英文)
  10. ^ Swimsmart:RLSS Awards(英文)
  11. ^ en: Category:Lifesaving 英語版Wikipedia 2007年1月7日 16:36UTC版
  12. ^ パースエクスプレス 2007年3月号(Vol.110):ザ・サーフ・ライフセービング『オーストラリアのサーフライフセービングの歴史』(pdf)
  13. ^ a b c 地球の歩き方:2007年はサーフ・ライフセーバー年
  14. ^ en:Longboard (surfing) 英語版Wikipedia 10月14日17:18UTC版
  15. ^ SLSA:Beach to Bush(英文)
  16. ^ 2007年5月11日 NEWS ” The making of the new Surf Life Saving television commercial”(英文)
  17. ^ en:United States Life-Saving Service 英語版Wikipedia 2007年9月23日20:50UTC版
  18. ^ Atlantic City Museum
  19. ^ United States Lifesaving Association: USLA History(英文)
  20. ^ スポパラ.com:ライフセービング
  21. ^ a b c BACK WASH ライフセービングの誕生
  22. ^ 経済統計は語る:大卒初任給と米1俵の価格
  23. ^ 豪日交流基金へようこそ
  24. ^ a b パースエクスプレス 2007年3月号(Vol.110) :ザ・サーフ・ライフセービング『日本のライフセービング』(pdf)
  25. ^ 大阪ライフセービングクラブ:ライフセービングってなんでしょう
  26. ^ ケイコとマナブ:資格・検定カタログ ライフセーバー
  27. ^ 日本ライフセービング協会:JLAについて
  28. ^ 大竹サーフ・ライフセービングクラブ:PATROL
  29. ^ a b c d e ライフセービング用語辞典 SEA言語
  30. ^ a b Boy Scout of America :Merit Badge Series 2000 “LIFESAVING”(英文)
  31. ^ a b 日本ライフセービング協会:入会について
  32. ^ NPO広島ライフセービング『教育としてのライフセービングを紹介します』
  33. ^ 2005年度中央大学理工学部講義要項 総合教育科目1群
  34. ^ 横浜市立大学 共通教養 実践科目 ライフ・セービング実習
  35. ^ 城西国際大学 総合経営学科 NEWS 2006年9月15日『ライフセービング集中講義を実施しました』
  36. ^ 高知県立大方高等学校 『特別授業第2弾! ライフセービング講習会』
  37. ^ 米子市 第13回青少年海外研修報告書:オーストラリアにおけるライフセービング活動の現状視察報告
  38. ^ a b c 日本財団図書館(電子図書館)海と安全 No.513 特集:海のボランティア『対談 ライフセービングと私』
  39. ^ NPO広島ライフセービング人材(ライフセーバー・ライフガードの資質)
  40. ^ KidsParty どんなお仕事したいかな?:第11回 ライフセーバー 的場栄一さん
  41. ^ プレホスピタルケア 霞ヶ関通信7巻3号 1994年『交通事故現場における市民による応急手当促進方策委員会報告書の概要』
  42. ^ 札幌ライフセービング 『資料室』
  43. ^ 雑学の樹:海水浴場(出典『なるへそ数字雑学』第34号2005年8月9日)
  44. ^ 神戸ライフセービングクラブ:ライフセーバーとは?
  45. ^ T’s House ライフセーバー詰所
  46. ^ 今井浜ライフセービングクラブ Competition TATSUYA HONDA
  47. ^ a b SHIPS :Safe & Clean Campaign 『ライフセーバーより』
  48. ^ a b 神奈川県ライフセービング連盟:ライフセービング器材
  49. ^ en:CPR mask 英語版Wikipedia 2007年10月14日02:17UTC版
  50. ^ 居酒屋救命志 『救急隊員におけるバッグマスク人工呼吸法心臓マッサージ法の重要性について』







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ライフセービングに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ライフセービング」の関連用語

ライフセービングのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ビーチサッカー

ショートトラックスピードスケート

ローンボウルス

バドミントン

ソフトボール

ボッチャ

BMX

マレットゴルフ





ライフセービングのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
笹川スポーツ財団笹川スポーツ財団
Copyright © 2016 SASAKAWA SPORTS FOUNDATION. All Rights Reserved.
笹川スポーツ財団
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのライフセービング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS