心肺蘇生法とは?

Weblio 辞書 > ヘルスケア > 健康用語 > 心肺蘇生法の意味・解説 

CPR

読み方しーぴーあーる
別名:心肺蘇生法
【英】:cardiopulmonary resuscitation

呼吸心臓停止してる人に対し、救命のために胸を強く圧迫したり息を吹き込んだりしてその動き助け方法

 病気負傷などにより、呼吸心臓停止してる人に対し、胸を強く圧迫したり息を吹き込んだりしてその動き助け救命方法。特殊な器具医薬品を使わずに行う方法で、AEDとともに一次救命処置(BLS)とも言われます。
 手順としては、1)声をかけたり肩を叩いたりして意識確認行います。2)反応がない場合協力者を求め119番通報AED自動体外式除細動器の手配を依頼します。3)空気通り道気道確保行います。気道確保は、あご先を上に引き上げ、頭を後ろに傾けるようにします。4)呼吸確認します。気道確保したまま、胸が上下に動いているかどうかを目で確認し、呼吸音がするかどうかを耳で確認します。また、吐く息が感じられるかどうか確認します。4)正常な呼吸がない場合人工呼吸行います。鼻をつまんで、胸が上がる程度まで口から息を吹き込みます。5)人工呼吸を2回繰り返しても呼吸回復しない場合には、胸骨圧迫心臓マッサージ)を行います。胸骨圧迫毎分100回のテンポ30続け行います。AED使用しない場合人工呼吸と胸圧迫繰り返します。日本医師会によるがガイドラインでは、人工呼吸が困難な場合胸骨圧迫優先して始めることや、心拍有無確認できない場合呼吸なければすみやかにCPRを始めることが示されました。
 救急車到着までに平均5,6分かかるとされていますが、人間の脳酸素無くなってから3分~4分で死に至ります。救急車を待つ間に一刻も早く心肺蘇生法を行うことが、救命率を大きく左右することとなります。


心肺蘇生法 (しんぱいそせいほう)


心肺蘇生法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/05 01:13 UTC 版)

心肺蘇生法(しんぱいそせいほう、cardiopulmonary resuscitation, CPR)は、呼吸が止まり、心臓も動いていないと見られる人の救命へのチャンスを維持するために行う循環の補助方法である。心臓マッサージ[1]を主に行い、熟練者は呼吸の補助方法である人工呼吸も行う。




  1. ^ 通常「心臓マッサージ」といわれるものは、正確には「胸骨圧迫」。
  2. ^ ハンズオンリーCPRに関するAHA勧告声明を参照
  3. ^ フェースシールドの紹介
  4. ^ AEDの中にはたいていは透明ビニールシートでできたフェイスシールドが入っている。ただしこれは直接口を付けることへの心理的抵抗を減らす目的のものであって、吐瀉物などをブロックする効果は無いか、または十分ではない。
  5. ^ JRC(日本蘇生協議会)には日本赤十字社や消防庁も加わっている。
  6. ^ 乳頭と乳頭を結んだ線上というのは信頼性に欠けるとする。「胸の真ん中」は誤差が少ない。


「心肺蘇生法」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「心肺蘇生法」の関連用語

心肺蘇生法のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

菅井洋平

保良宮跡

市町村防災無線システムの整備数

グランドマジェスティ400

密室

関西型宮型霊柩車

ボール

道路工事中





心肺蘇生法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
厚生労働省厚生労働省
(C)2017 Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.
e-ヘルスネット
赤ちゃん&子育てインフォ赤ちゃん&子育てインフォ
Copyright©2017 Mothers' and Children's Health and Welfare Association. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの心肺蘇生法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS