ハンドボールとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > スポーツ > 競技 > 競技 > ハンドボールの意味・解説 

ハンドボール

ボールを主に手で扱いながらゴールし、得点競うゲームです。1チームは1名のゴールキーパーと6名のフィールドプレーヤーで構成され、競技時間30ハーフです。ゴールキーパー以外のプレーヤーは、プレーボールを膝から下の足で操作できません。ボールは3秒もしくは3歩でパスなければなりません。

コート40m×20mで、ボール男子外周58~60cm、女子外周54~56cmです。最も特徴的なのは、シュート場面での全力走り跳びながら投げるという一連の動作です。攻撃側のスピードパスワーク流れが、勝敗決めます。



ハンドボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/12 07:11 UTC 版)

ハンドボール (英語: handball) は、7人(6人のコートプレーヤーと1人のゴールキーパー)ずつの2組が手を使ってボールをパスし、相手のゴールに投げ入れて勝負を競うチームスポーツである。標準的な試合は30分の2ピリオドからなり、より多くのゴールを決めたチームが勝ちとなる。日本語では送球(そうきゅう)[2]とも呼ばれる。




[ヘルプ]
  1. ^ 日本ハンドボール協会 歴史
  2. ^ 1926年5月の改正学校体育教授要目においては「手球」であったようだ。1934年の日本陸連の準備委員会においては「送球」の文字が使われている。[1]
  3. ^ Member Federations”. International Handball Federation. 2015年8月25日閲覧。
  4. ^ ドイツ (GERMANY)”. 文部科学省 (2011年). 2015年8月24日閲覧。(pdf) 図表G-4 競技種目連盟別加入状況(オリンピック種目上位 8種目;2010) で、連盟加入数6位。
  5. ^ デンマーク (DENMARK)”. 文部科学省 (2011年). 2015年8月24日閲覧。(pdf) 図表D-2 国内統括団体の登録者(2010)で、登録利用者数4位。
  6. ^ フランス (FRANCE)”. 文部科学省 (2011年). 2015年8月24日閲覧。(pdf) 図表F-4-1フランスにおけるスポーツ連盟別の会員数(2008)で、会員数6位。
  7. ^ John Anthony Cuddon, The Macmillan Dictionary of Sports and Games, p.393, Macmillan, 1980, ISBN 0-333-19163-3
  8. ^ a b c フットサルでも用いられる
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ハンドボールの主なルール”. 日本ハンドボール協会. 2013年8月22日閲覧。







ハンドボールと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ハンドボール」の関連用語

ハンドボールのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ボクシング

パワーリフティング

バドミントン

ソフトボール

ユニカール

アイスホッケー

タッチラグビー

新卓球





ハンドボールのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
笹川スポーツ財団笹川スポーツ財団
Copyright © 2016 SASAKAWA SPORTS FOUNDATION. All Rights Reserved.
笹川スポーツ財団
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのハンドボール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS