屋根 屋根の概要

屋根

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/11 14:17 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
入母屋の屋根(粟津天満神社。兵庫県加古川市
造作中の民家の屋根。垂木構造がよく分かる。

屋根の機能

屋根には次のような機能があり、屋根材には様々な性能が求められる[1]。屋根材は自重が軽いもののほうが建物には良いとされている[1]

  • 耐震性 - 地震で容易に脱落せず下地に固定されていること[1]。一般に軽い屋根材の方が地震に強いとされる[1]
  • 耐候性 - 太陽光、風雨、気温変化による腐食や変質が少ないこと[1]
  • 防火性 - 火災時の飛び火によって容易に引火せず、輻射熱による自燃が起きないこと[1]
  • 耐風性 - 地域、場所、高さに応じた強風に耐えること[1]
  • 耐食性(耐薬品性) - 潮風や汚染大気、酸性雨などによる腐食がないこと[1]
  • 遮音性 - 外部騒音を伝えず屋根材自体も音を発生させないこと[1]
  • 耐熱性(断熱性) - 夏季でも日射による熱に耐えること[1]
  • 耐寒性(耐凍害性) - 冬季でも寒気、放射冷却、すがもれ(屋根で再凍結した雪などで排水が妨げられ屋根材の隙間から水が漏れる現象)に耐えること[1]
  • 耐衝撃性 - 飛来物による衝撃や屋根上での人間の作業で損傷しないこと[1]
  • 施工補修性 - 施工や修理が容易であること[1]
  • 経済性 - 材料費のほか施工やメンテナンス費用が低廉であること[1]

このほか美観について色調や質感が良いことも挙げられる[1]

屋根の形状

基本的分類

屋根は住宅を作って風雨を避けるために工夫されたもので古今東西を通じて類似したものがみられる[2]

建築家の長野宇平治は数種の屋根の分類を行い、線によって直線形、曲線形、複曲線形、円形の4種類に分類し、形によって切妻、寄棟、四阿、入母屋、方錐、円錐、円屋根、宝珠形の8種類に分類した[2]。また、地理学者の藤田元春は屋根の形状を、

  1. 片流れ
  2. 招造
  3. 切妻
  4. 方形(宝形、方錐)
  5. 寄棟
  6. 片入母屋
  7. 入母屋
  8. 円錐
  9. 円屋根

に分類し、世界に存するあらゆる屋根はこれらに分類できるとした[2]

片流れ

片流れは屋根の一方へのみ傾斜している屋根で、特に傾斜が20度以内のものを大陸屋根という[2]

切妻

屋根の最頂部の棟から本を伏せたような二つの傾斜面の山形の形状をした屋根[3]。原始的な住宅では片流れの構造を両側に組み合わせて地上に三角形の空間を作っていた(天地根元造)[2]。これに四本柱を付けて屋根を地上から高くしたものを切妻という[2]

宝形

寺院などに多い形式で隅棟からの線がすべて屋根の頂点に集まる形式の屋根[3]

寄棟

屋根の最上部(大棟)から四方向に傾斜する形式の屋根[3]

入母屋

上部を切妻屋根で下部は四方に傾斜する形式の屋根[3]

各種の屋根

神結酒造工場の鋸屋根(兵庫県加東市下滝野)
  • 陸(ろく)屋根
  • ギャンブレル屋根(腰折れ)
  • マンサード屋根
  • 錣屋根
  • 鋸屋根(工場などにみられる)
  • M型屋根
  • バタフライ(軒または外壁で屋根部の外周を覆う、スノーダクト方式の無落雪屋根がこの形状。日本の大手ハウスメーカーがこぞって採用している屋根であり、寒冷地に限っては代表的な屋根形状のひとつ)
  • ドーム(丸屋根)
  • 尖塔
  • ヴォールト
  • オージー
  • 半切妻屋根(ドイツ屋根)
  • 越屋根(換気、採光などの目的で屋根の上に小規模な屋根と屋舎を設けたもの)
  • 差掛屋根

屋根の材料

屋根材

屋根材には粘土瓦、化粧スレート、金属板、アスファルトシングルなどがある[1]

植物由来

鉱物由来・窯業製品

  • 石を板状に加工した材料(スレート):天然スレート葺き(雄勝石大谷石笏谷石など)
  • (粘土瓦とセメント瓦に大別される):瓦葺き
  • 石綿の混合物を成型した材料:石綿スレート葺きなど
  • 化粧スレート - セメント・ケイ酸質原料などの混合物を成型・着色した材料:化粧スレート葺き

金属材料

金属で葺いた屋根を、特に金属屋根として区分することがある

その他の材料

下葺材

下葺材(防水材)には不透湿性のアスファルトルーフィングと透湿性ルーフィングがある[1]




  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w 第2編 住まい手向け 長持ち住宅ガイドライン 国土技術政策総合研究所、2020年12月20日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 藤田元春「屋根概説 一」地球第5巻第5号 京都大学、2020年12月20日閲覧。
  3. ^ a b c d 今回登録の物件概要 新潟県、2020年12月20日閲覧。
  4. ^ 「豊スタ」屋根、開けっ放しに 中日新聞女性向けサイト:オピ・リーナ、2014年12月16日
  5. ^ 新国立競技場の可動屋根 - i+i 設計事務所


「屋根」の続きの解説一覧




屋根と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「屋根」の関連用語

1
100% |||||

2
98% |||||

3
98% |||||


5
90% |||||

6
90% |||||

7
90% |||||

8
90% |||||

9
78% |||||


屋根のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



屋根のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの屋根 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS