プロジェクト管理ソフトウェア 種類

プロジェクト管理ソフトウェア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/24 09:04 UTC 版)

種類

デスクトップ

プロジェクト管理ソフトウェアは、各ユーザーのデスクトップで実行されるプログラムとして実装されている。デスクトップソフトウェアとして実装されるプロジェクト管理ツールは、通常、プロジェクトマネージャー、またはスケジューラーやリスクマネージャーなどの別の対象分野の専門家が使用するシングルユーザーアプリケーションである。

Webベース

プロジェクト管理ソフトウェアは、 Webブラウザを使用してアクセスするWebアプリケーションとして実装されている。これには、スマートフォンまたはタブレットを使用してアプリケーションにアクセスする機能も含まれる場合がある。サービスとしてのソフトウェア(SaaS)もWebベースであり、プロジェクト管理、プロジェクト管理情報システム(PMIS) 、プロジェクトポートフォリオ管理(PPM)など、多くのビジネスアプリケーションの一般的な配信モデルになっている。 SaaSは通常、Webブラウザを介してシンクライアントを使用するユーザーによってアクセスされる。

モバイル

近年、プロジェクト管理ソフトウェアはモバイルデバイスに移行しました。 2015年以降は、世界ではコンピューターよりも多くの携帯電話が使われている[16] 。したがって、SaaSアプリケーションをモバイルデバイスに移行することは完全に理にかなっている。この移行には、ユーザーが外出先でプロジェクトの詳細を表示および更新できるという追加の利点がある。

パーソナル

個人のプロジェクト管理アプリケーションは、通常、ライフスタイルやホームプロジェクトを管理するために自宅で使用されるアプリケーションである。個人のプロジェクト管理ソフトウェアは通常、より単純なインターフェースを必要としますが、シングルユーザーシステムとはかなり重複している。

シングルユーザー

シングルユーザーシステムは、プロジェクト計画を一度に編集する必要があるのは1人だけであるという前提でプログラムされている。これは、中小企業や、トップダウンのプロジェクト計画に関与する人が少ない企業で使用できる。デスクトップアプリケーションは通常、このカテゴリに分類される。

共同作業

コラボレーションシステムは、プランのさまざまなセクションを一度に変更する複数のユーザーをサポートするように設計されている。たとえば、それらの見積もりが全体的な計画に統合されるように、彼らが個人的に責任を負う領域を更新する。エクストラネットを含むWebベースツールは、一般にこのカテゴリに分類されますが、ユーザーがライブインターネットアクセスを持っている場合にのみ使用できるという制限がある。この制限に対処するために、クライアントサーバーアーキテクチャを使用する一部のソフトウェアツールは、ユーザーのデスクトップコンピューターで実行され、ユーザーが定期的にネットワークに接続するときに中央サーバーを介してプロジェクトおよびタスク情報を他のプロジェクトチームメンバーに複製するリッチクライアントを提供する。一部のツールを使用すると、チームメンバーは自分のスケジュール(および他のメンバーは読み取り専用)をチェックして、ネットワークに接続していないときに作業することができる。データベースに再接続すると、すべての変更が他のスケジュールと同期される。

ビジュアル

プロジェクト管理の一般的な問題は、変動する大量のプロジェクトデータの表示と理解の両方が難しいことです[17]。 これに取り組むために、一部のプロジェクト管理ソフトウェアは情報の視覚化を利用して、ユーザーがデータをより簡単に見つけ、分析し、変更できるようにします。情報過多を回避するために[18]、 「最初に概要を示し、ズームとフィルタリングを行い、次に詳細をオンデマンドで」という視覚化のマントラに従うことがよくある[19]


  1. ^ "The Harmonogram", projectmanagementhistory.com,
  2. ^ "About UsAACE International: The Authority for Total Cost Management", aacei.org,
  3. ^ "PROGRAM EVALUATION AND REVIEW TECHNIQUE (PERT)", referenceforbusiness.com,
  4. ^ "“Breaking Down” The Work Breakdown Structure" Archived 2016-12-21 at the Wayback Machine., dau.mil,
  5. ^ Sandro Azzopardi, "THE EVOLUTION OF PROJECT MANAGEMENT", projectsmart.co.uk,
  6. ^ Sandro Azzopardi, "Oracle's History: Innovation, Leadership, Results", oracle.com,
  7. ^ "Metier Artemis", computinghistory.org.uk,
  8. ^ "Technical Report", sei.cmu.edu,
  9. ^ "TOTAL COST MANAGEMENT FRAMEWORK" Archived 2016-05-30 at the Wayback Machine., aacei.org,
  10. ^ "11 Skills You'll Need for a Career", usnews.com,
  11. ^ Don Reisinger, "10 Cloud-Based Project Management Tools to Serve Every Company's Needs", eweek.com,
  12. ^ "4 Cloud-Based Project Management Tools to Manage Your Work Better", smallbiztrends.com,
  13. ^ Margi Murphy, "Six free, mobile-friendly project management tools for your business", techworld.com, August 13, 2015
  14. ^ Margi Murphy, "The Top Ten Project Management Trends for 2016", esi-intl.co.uk,
  15. ^ Nevogt (2013年9月17日). “31 Project Management Solutions”. Hubstaff. 2013年11月3日閲覧。
  16. ^ Technology device ownership:2015”. 2020年12月21日閲覧。
  17. ^ My Problems with Project Management Software | Marketing Technology”. Marketing Technology. 2016年1月8日閲覧。
  18. ^ Wurman, From the book "Information Anxiety" by Richard Saul Wurman Copyright 1989 by Richard Saul (1989年1月22日). “INFORMATION OVERLOAD : What to Do When Anxiety Cripples You” (英語). Los Angeles Times. ISSN 0458-3035. http://articles.latimes.com/1989-01-22/magazine/tm-1044_1_information-anxiety 2016年1月8日閲覧。 
  19. ^ Shneiderman, Ben (1996). “The Eyes Have It: A Task by Data Type Taxonomy for Information Visualizations”. University of Maryland, Human Computer Interaction Laboratory. 


「プロジェクト管理ソフトウェア」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  
  •  プロジェクト管理ソフトウェアのページへのリンク

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

プロジェクト管理ソフトウェアのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



プロジェクト管理ソフトウェアのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのプロジェクト管理ソフトウェア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS