kansei engineeringとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 大車林 > kansei engineeringの意味・解説 

感性工学

英語 kansei engineering

情感介在させたものつくり品質には感情にかかわる要素存在し、わくわくする、ほっとするかっこいい落ち着くなどの言葉で表される形や色、感触などを無視できない。そこに着目した工学をいう。自動車のように感情移入しやすいデザインではとくに重視されるようになった感性は、英語ではsensitivity、sensivility、sentimation、feelingaffectionなどが適応するのだろうが、この分野日本がもっとも関心が高いらしく、表記訳語通用する。

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

感性工学

(kansei engineering から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/14 02:23 UTC 版)

感性工学(かんせいこうがく、英語: Kansei Engineering/Affective Engineering)とは、人間の感性という主観的で論理的に説明しにくい反応を、科学的手法によって価値を発見し、活用することによって社会に資することを目的とした学問である[1]


  1. ^ a b 椎塚 2013, pp. i-ii.
  2. ^ 長町三生著『感性工学のおはなし』(日本規格協会、1995)
  3. ^ 井川憲明著『感性の科学 -心理と技術の融合-』(朝倉書店、2006年)
  4. ^ 感性工学とは
  5. ^ 今井和也 『カタチの歴史:建築とファッションのただならぬ関係』 新曜社、2003年。ISBN 4-7885-0834-6 pp.183-187.
  6. ^ Kansei Engineering Software(KESo)


「感性工学」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「kansei engineering」の関連用語

kansei engineeringのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



kansei engineeringのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの感性工学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS