J3とは? わかりやすく解説

ブフェキサマック

分子式C12H17NO3
その他の名称ブフェキサマク、CP1044J3、Bufexamac、2-(p-Butoxyphenyl)acetohydoroximic acid、ブフェキサマック、ドロキサロール、ブフェキサム酸、Droxarol、Flogocid N plastigel、Flogicid、Droxaryl、ドロキサリル、CP-1044J3、CP-1044、Bufexamic acid、パルフェナール、パルフェナック、フロゴシドNプラスチゲル、フロジシド、Parfenal、Parfenac、J-3、2-(p-Butoxyphenyl)acetohydroxamic acid、α-(p-Butoxyphenyl)-N-hydroxyacetamide、2-(p-Butoxyphenyl)acetohydroximic acid、α-(p-Butoxyphenyl)acetohydroxamic acid、Anderm、モフェナール、フェキシマック、アンダーム、Mofenar、Feximac、4-Butoxybenzeneacetohydroxamic acid、アンホリル、Anhoril、エンチマック、Entymac、サリベドール、Salibedol、デルキサム、Derxam、ルブラゾン、Rublasone、ヒフマック、Hifmac、N-(4-Butoxyphenylacetyl)hydroxylamine
体系名:(4-ブトキシフェニル)アセトヒドロキシム酸、2-(p-ブトキシフェニル)アセトヒドロキサム酸、α-(p-ブトキシフェニル)-N-ヒドロキシアセトアミド、2-(p-ブトキシフェニル)アセトヒドロキシム酸、α-(p-ブトキシフェニル)アセトヒドロキサム酸、4-ブトキシベンゼンアセトヒドロキサム酸、N-(4-ブトキシフェニルアセチル)ヒドロキシルアミン


J3

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 04:13 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

J3

関連項目



J3(ジェイ3)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/31 08:18 UTC 版)

7thGARDEN」の記事における「J3(ジェイ3)」の解説

本名不明男性通称メテオライト」。マリアと共に脱獄したS級悪魔の1人起爆スイッチ仕込まれた十字架手にした怪しげな風貌宗教家で、様々な爆発物を操る。過去に103件のテロ行為行った罪で5000年の懲役刑服していた。

※この「J3(ジェイ3)」の解説は、「7thGARDEN」の解説の一部です。
「J3(ジェイ3)」を含む「7thGARDEN」の記事については、「7thGARDEN」の概要を参照ください。


J3

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/30 03:15 UTC 版)

2020年のJリーグ」の記事における「J3」の解説

詳細は「2020年のJ3リーグを参照チーム試勝分敗得失差点出場権または降格1 ブラウブリッツ秋田 (C) (P) 34 21 10 3 55 18 +37 73 J2リーグ 2021昇格 1,2,3 2 SC相模原 (P) 34 16 13 5 43 35 +8 61 3 AC長野パルセイロ 34 17 8 9 45 26 +19 59 J3残留 4 鹿児島ユナイテッドFC 34 18 4 12 55 43 +12 58 5 ガイナーレ鳥取 34 17 6 11 47 37 +10 57 6 FC岐阜 34 16 8 10 50 39 +11 56 7 FC今治 34 15 10 9 39 27 +12 55 8 ロアッソ熊本 34 16 6 12 56 47 +9 54 9 カターレ富山 34 15 5 14 52 43 +9 50 10 藤枝MYFC 34 14 7 13 48 44 +4 49 11 いわてグルージャ盛岡 34 11 9 14 36 4711 42 12 アスルクラロ沼津 34 12 5 17 36 404 41 13 福島ユナイテッドFC 34 11 6 17 46 55 −9 39 14 ガンバ大阪U-23 34 9 8 17 43 5512 35 活動終了 15 ヴァンラーレ八戸 34 8 9 17 42 5614 33 J3残留 16 カマタマーレ讃岐 34 7 10 17 33 5219 31 17 Y.S.C.C.横浜 34 5 12 17 37 6629 27 18 セレッソ大阪U-23 34 5 10 19 28 6133 25 活動終了 最終更新2020年12月20日試合終了出典: J. League data順位決定基準: 1.勝点; 2.得失点差; 3. 直接対決勝点; 4. 直接対決得失点差; 5. 直接対決得点数; 6.勝利数; 7.総得点数; 8.反則ポイント; 9.抽選.1J3における年間順位の上位2クラブのうちJリーグクラブライセンスの交付判定を受けていないJ3クラブがあった場合は、当該J3クラブJ2昇格できないこの場合において、J3における年間順位3位下のJ3クラブJ2昇格することはない。2J1およびJ2クラブ編成するU-23チームJ3リーグ戦において2位以内となった場合、J3におけるすべてのU-23チーム除いた年間順位の上位2クラブJ2昇格する。なお、当該クラブ昇格要件関わる事項上述の通りとする。32020年シーズン終了時点において、J3リーグ戦がリーグ戦成立要件満たさなかった場合、J3クラブJ2への昇格行わない

※この「J3」の解説は、「2020年のJリーグ」の解説の一部です。
「J3」を含む「2020年のJリーグ」の記事については、「2020年のJリーグ」の概要を参照ください。


J3

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/29 16:03 UTC 版)

銀河任侠伝」の記事における「J3」の解説

元ネタは『13日の金曜日』に登場するジェイソン

※この「J3」の解説は、「銀河任侠伝」の解説の一部です。
「J3」を含む「銀河任侠伝」の記事については、「銀河任侠伝」の概要を参照ください。


J3

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 02:01 UTC 版)

日本プロサッカーリーグ」の記事における「J3」の解説

基本的に原則日曜日開催固定している。

※この「J3」の解説は、「日本プロサッカーリーグ」の解説の一部です。
「J3」を含む「日本プロサッカーリーグ」の記事については、「日本プロサッカーリーグ」の概要を参照ください。


J3

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/06 09:41 UTC 版)

2018年のJリーグ」の記事における「J3」の解説

詳細は「2018年のJ3リーグを参照チーム試勝分敗得失差点出場権または降格1 FC琉球 (C) (P) 32 20 6 6 70 40 +30 66 J2リーグ 2019昇格 1,2 2 鹿児島ユナイテッドFC (P) 32 16 9 7 46 35 +11 57 3 ガイナーレ鳥取 32 15 8 9 61 47 +14 53 J3残留 4 アスルクラロ沼津 32 14 10 8 40 29 +11 52 5 ザスパクサツ群馬 32 15 7 10 37 35 +2 52 6 ガンバ大阪U-23 32 13 8 11 53 43 +10 47 7 セレッソ大阪U-23 32 13 7 12 47 36 +11 46 8 ブラウブリッツ秋田 32 12 7 13 37 35 +2 43 9 SC相模原 32 12 6 14 42 5311 42 10 AC長野パルセイロ 32 10 11 11 39 37 +2 41 11 カターレ富山 32 12 5 15 41 509 41 12 福島ユナイテッドFC 32 9 13 10 36 437 40 13 グルージャ盛岡 32 12 4 16 41 5615 40 14 FC東京U-23 32 10 6 16 38 45 −7 36 15 Y.S.C.C.横浜 32 8 10 14 40 48 −8 34 16 藤枝MYFC 32 10 4 18 32 4816 34 17 ギラヴァンツ北九州 32 6 9 17 22 4220 27 最終更新2018年12月2日試合終了出典: J. League data順位決定基準: 1.勝点 2.得失点差 3.総ゴール数 4.直接対決結果 5.警告数 6.抽選.1J2リーグへの自動昇格については、J3の1位2位クラブJ1もしくはJ2ライセンス保有している場合のみ行われ1位2位どちらか、あるいは両方ライセンス保有してない場合自動昇格が行われない場合がある22位までにU-23チーム入賞した場合U-23チームを除く13チーム成績基として自動昇格チーム決定する

※この「J3」の解説は、「2018年のJリーグ」の解説の一部です。
「J3」を含む「2018年のJリーグ」の記事については、「2018年のJリーグ」の概要を参照ください。


J3

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/26 13:36 UTC 版)

2019年のJリーグ」の記事における「J3」の解説

詳細は「2019年のJ3リーグを参照チーム試勝分敗得失差点出場権または降格1 ギラヴァンツ北九州 (C) (P) 34 19 9 6 51 27 +24 66 J2リーグ 2020昇格 1,2 2 ザスパクサツ群馬 (P) 34 18 9 7 59 34 +25 63 3 藤枝MYFC 34 18 9 7 42 31 +11 63 J3残留 4 カターレ富山 34 16 10 8 54 31 +23 58 5 ロアッソ熊本 34 16 9 9 45 39 +6 57 6 セレッソ大阪U-23 34 16 4 14 49 56 −7 52 7 ガイナーレ鳥取 34 14 8 12 49 5910 50 8 ブラウブリッツ秋田 34 13 10 11 45 35 +10 49 9 AC長野パルセイロ 34 13 10 11 35 34 +1 49 10 ヴァンラーレ八戸 34 14 6 14 49 42 +7 48 11 福島ユナイテッドFC 34 13 4 17 45 53 −8 43 12 アスルクラロ沼津 34 11 6 17 35 43 −8 39 13 Y.S.C.C.横浜 34 12 3 19 53 6512 39 14 カマタマーレ讃岐 34 10 9 15 33 4916 39 15 SC相模原 34 10 8 16 36 45 −9 38 16 FC東京U-23 (R) 34 9 9 16 43 529 36 活動終了 17 ガンバ大阪U-23 34 9 8 17 54 54 0 35 J3残留 18 いわてグルージャ盛岡 34 7 5 22 36 6327 26 最終更新2019年12月8日試合終了出典: J. League data順位決定基準: 1.勝点 2.得失点差 3.総ゴール数 4.直接対決結果 5.警告数 6.抽選.1J2リーグ21位・22位との自動昇・降格については、J3の1位2位クラブJ1もしくはJ2ライセンス保有している場合のみ行われ保有していないクラブがあった場合入れ替えチーム数がそのぶん減少する22位までにU-23チーム入賞した場合U-23チームを除く13チーム成績基として自動昇格、または入れ替え戦出場チーム決定する

※この「J3」の解説は、「2019年のJリーグ」の解説の一部です。
「J3」を含む「2019年のJリーグ」の記事については、「2019年のJリーグ」の概要を参照ください。


J3

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/30 02:01 UTC 版)

2016年のJリーグ」の記事における「J3」の解説

詳細は「2016年のJ3リーグを参照チーム試勝分敗得失差点出場権または降格1 大分トリニータ (C) (P) 30 19 4 7 50 24 +26 61 J2リーグ 2017昇格 1,2 2 栃木SC 30 17 8 5 38 20 +18 59 J2・J3入れ替え戦出場 1,2 3 AC長野パルセイロ 30 15 7 8 33 22 +11 52 J3残留 4 ブラウブリッツ秋田 30 14 8 8 37 26 +11 50 5 鹿児島ユナイテッドFC 30 15 5 10 39 29 +10 50 6 カターレ富山 30 13 10 7 37 27 +10 49 7 藤枝MYFC 30 14 3 13 48 42 +6 45 8 FC琉球 30 12 8 10 46 46 0 44 9 ガンバ大阪U-23 30 10 8 12 42 41 +1 38 10 FC東京U-23 30 9 9 12 32 31 +1 36 11 SC相模原 30 9 8 13 29 4617 35 12 セレッソ大阪U-23 30 8 8 14 38 47 −9 32 13 グルージャ盛岡 30 6 12 12 43 474 30 14 福島ユナイテッドFC 30 7 9 14 35 449 30 15 ガイナーレ鳥取 30 8 6 16 30 4717 30 16 Y.S.C.C.横浜 30 5 5 20 15 5136 20 最終更新2016年11月20日試合終了出典: J. League data順位決定基準: 1.勝点 2.得失点差 3.総ゴール数 4.直接対決結果 5.警告数 6.抽選.1J2リーグ22位との自動昇・降格および同21位との入れ替え戦については、J3の1位2位クラブJ1もしくはJ2ライセンス保有している場合のみ行われ1位2位どちらか、あるいは両方ライセンス保有してない場合自動昇格降格入れ替え戦、あるいはその両方が行われない場合がある22位までにU-23チーム入賞した場合U-23チームを除く13チーム成績基として自動昇格、または入れ替え戦出場チーム決定する

※この「J3」の解説は、「2016年のJリーグ」の解説の一部です。
「J3」を含む「2016年のJリーグ」の記事については、「2016年のJリーグ」の概要を参照ください。


J3

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/19 23:05 UTC 版)

2017年のJリーグ」の記事における「J3」の解説

詳細は「2017年のJ3リーグを参照チーム試勝分敗得失差点出場権または降格1 ブラウブリッツ秋田 (C) 32 18 7 7 53 31 +22 61 J3残留 1,2 2 栃木SC (P) 32 16 12 4 44 24 +20 60 J2リーグ 2018昇格 1,2 3 アスルクラロ沼津 32 16 11 5 60 27 +33 59 J3残留 4 鹿児島ユナイテッドFC 32 17 4 11 49 37 +12 55 5 AC長野パルセイロ 32 13 11 8 34 25 +9 50 6 FC琉球 32 13 11 8 44 36 +8 50 7 藤枝MYFC 32 12 11 9 50 43 +7 47 8 カターレ富山 32 13 8 11 37 33 +4 47 9 ギラヴァンツ北九州 32 13 7 12 44 37 +7 46 10 福島ユナイテッドFC 32 13 4 15 39 434 43 11 FC東京U-23 32 12 7 13 36 4711 43 12 SC相模原 32 9 12 11 34 417 39 13 セレッソ大阪U-23 32 8 11 13 39 434 35 14 Y.S.C.C.横浜 32 8 8 16 41 5413 32 15 グルージャ盛岡 32 7 8 17 32 4917 29 16 ガンバ大阪U-23 32 7 5 20 31 6534 26 17 ガイナーレ鳥取 32 4 9 19 31 6332 21 最終更新2017年12月3日試合終了出典: J. League data順位決定基準: 1.勝点 2.得失点差 3.総ゴール数 4.直接対決結果 5.警告数 6.抽選.1J2リーグへの自動昇格については、J3の1位2位クラブJ1もしくはJ2ライセンス保有している場合のみ行われる22位までにU-23チーム入賞した場合U-23チームを除く14チーム成績基として自動昇格チーム決定する

※この「J3」の解説は、「2017年のJリーグ」の解説の一部です。
「J3」を含む「2017年のJリーグ」の記事については、「2017年のJリーグ」の概要を参照ください。


J3

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/25 15:32 UTC 版)

2014年のJリーグ」の記事における「J3」の解説

詳細は「2014年のJ3リーグを参照 順位チーム試合数勝分負得点失点得失勝点出場権降格1 ツエーゲン金沢 (C) (P) 33 23 6 4 56 20 +36 75 J2リーグ20151、2へ昇格 2 AC長野パルセイロ 33 20 9 4 58 23 +35 69 J2・J3入れ替え戦出場 1、2 3 FC町田ゼルビア 33 20 8 5 59 22 +37 68 J3残留 4 ガイナーレ鳥取 33 14 11 8 34 25 +9 53 5 グルージャ盛岡 33 12 9 12 43 39 +4 45 6 SC相模原 33 12 7 14 44 484 43 7 福島ユナイテッドFC 33 9 9 15 31 38 −7 36 8 ブラウブリッツ秋田 33 10 4 19 38 5719 34 9 FC琉球 33 8 10 15 31 5019 34 10 Jリーグ・アンダー22選抜 33 9 6 18 37 6326 33 11 藤枝MYFC 33 7 9 17 36 5216 30 12 Y.S.C.C.横浜 33 4 12 17 29 5829 24 最終更新2014年11月23日試合終了出典: J. League順位決定基準: 1.勝点 2.得失点差 3.総ゴール数 4.直接対決結果 5.警告数 6.抽選.1 J2ライセンス保有するクラブのみ、J2自動昇格1位のみ)、ないしはJ2・J3入れ替え戦参加2位のみ)可。2上位2位までに、U-22選抜入賞した場合は、U-22選抜除いた11チーム成績基として自動昇格入れ替え戦出場チーム決定する

※この「J3」の解説は、「2014年のJリーグ」の解説の一部です。
「J3」を含む「2014年のJリーグ」の記事については、「2014年のJリーグ」の概要を参照ください。


J3

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/13 06:03 UTC 版)

2015年のJリーグ」の記事における「J3」の解説

詳細は「2015年のJ3リーグを参照チーム試勝分敗得失差点出場権または降格1 レノファ山口FC (C) (P) 36 25 3 8 96 36 +60 78 J2リーグ 2016昇格 1,2 2 FC町田ゼルビア (P) 36 23 9 4 52 18 +34 78 J2・J3入れ替え戦出場 1,2 3 AC長野パルセイロ 36 21 7 8 46 28 +18 70 J3残留 4 SC相模原 36 17 7 12 59 51 +8 58 5 カターレ富山 36 14 10 12 37 36 +1 52 6 ガイナーレ鳥取 36 14 8 14 47 41 +6 50 7 福島ユナイテッドFC 36 13 10 13 42 486 49 8 ブラウブリッツ秋田 36 12 9 15 37 403 45 9 FC琉球 36 12 9 15 45 516 45 10 藤枝MYFC 36 11 4 21 37 6124 37 11 グルージャ盛岡 36 8 11 17 36 4711 35 12 Jリーグ・アンダー22選抜 36 7 7 22 28 7143 28 活動終了 3 13 Y.S.C.C.横浜 36 7 6 23 24 5834 27 J3残留 最終更新2015年12月6日試合終了出典: J. League data順位決定基準: 1.勝点 2.得失点差 3.総ゴール数 4.直接対決結果 5.警告数 6.抽選.1J2リーグ22位との自動昇・降格および同21位との入れ替え戦については、J3の1位2位クラブJ1もしくはJ2ライセンス保有している場合のみ行われ1位2位どちらか、あるいは両方ライセンス保有してない場合自動昇格降格入れ替え戦、あるいはその両方が行われない場合がある22位までにU-22選抜入賞した場合、U-22選抜を除く12チーム成績基として自動昇格、または入れ替え戦出場チーム決定する。32015年11月19日開催され日本サッカー協会理事会において、「Jリーグ・アンダー22選抜」の活動2015年シーズンをもって終了することを決定した

※この「J3」の解説は、「2015年のJリーグ」の解説の一部です。
「J3」を含む「2015年のJリーグ」の記事については、「2015年のJリーグ」の概要を参照ください。


J-3

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/11 14:32 UTC 版)

フォード・GT マークIV」の記事における「J-3」の解説

Jカー第3弾となる予定の“J-3”だったが、製作中前述のJ-2”の事故発生した。これを受けて“J-3”も事故調査対象となったため製作が一時ストップし最終的な完成66年10月ずれ込んだ完成後はリバーサイドデイトナテスト繰り返していたが、後にJ-4と同様ボディ載せ替えられ、“J-3”も「フォードGT マークIVとなって67年ル・マンのテストデイより投入されることになった

※この「J-3」の解説は、「フォード・GT マークIV」の解説の一部です。
「J-3」を含む「フォード・GT マークIV」の記事については、「フォード・GT マークIV」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「J3」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「J3」の例文・使い方・用例・文例

  • CQCQ、こちらはKA6J36です。
Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

J3のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



J3のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのJ3 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの7thGARDEN (改訂履歴)、2020年のJリーグ (改訂履歴)、銀河任侠伝 (改訂履歴)、日本プロサッカーリーグ (改訂履歴)、2018年のJリーグ (改訂履歴)、2019年のJリーグ (改訂履歴)、2016年のJリーグ (改訂履歴)、2017年のJリーグ (改訂履歴)、2014年のJリーグ (改訂履歴)、2015年のJリーグ (改訂履歴)、フォード・GT マークIV (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS