DSP版とは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > DSP版の意味・解説 

DSP版

読み方ディーエスピーばん
【英】Delivery Service Partner versionen, DSP versionen

DSP版とは、WindowsPCパーツ併せて購入する場合適用される販売形態、およびライセンス形態のことである。

DSP版は「OEM正規販売代理店ライセンス」とも表現されており、いわゆるメーカー製のPCプリインストールされた状態で販売される「正規OEMライセンス」とは区別されている。特定のPCパーツセット購入することが条件となり、パッケージソフトとしてWindows購入するよりも低価格入手することができる。

DSP版の販売形態利用することで、PCショップがくみ上げホワイトボックスや、ユーザー自作PC用のOSとして購入ようとする場合にも、OEM版と同様の価格引下げ適用できるという。

DSP版では、特定のPCパーツセット利用するためのライセンスであるため、併せて購入したパーツセットなければ利用できないという制限設けられている。セット扱えるパーツとしては、マザーボードCPUメモリHDDフロッピーディスク光学ドライブ各種拡張カードなどが対象にできる。

DSP版はWindows XPから適用された。OEM版のWindows XP2008年1月をもって提供終了したのに対し、DSP版は2009年1月まで提供終了期間が延長されている。後継バージョンWindows VistaWindows 7でも、DSP版のメリット注目されている


参照リンク
Microsoft OEM Partner Center - マイクロソフト DSP 版製品について


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「DSP版」の関連用語

DSP版のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



DSP版のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリDSP版の記事を利用しております。

©2020 Weblio RSS