Carl Zeissとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > Carl Zeissの意味・解説 

カールツァイス

【英】Carl Zeiss

カールツァイスとは、ドイツイェーナ設立された光学機器メーカーである。社名創立者にちなむ。

カールツァイスは19世紀顕微鏡レンズ製造するため設立された。望遠鏡双眼鏡カメラレンズといった、精密さが要求される光学部品において高い評価得ており、とりわけカメラレンズでは革新をもたらしたと讃えられている。現在でもカールツアイスレンズ第一級のブランドとして広く認知されている。


参照リンク
レンズ史に名を刻むツァイスの真価 - (ソニー デジタル一眼カメラ α)
企業活動のほかの用語一覧
海外企業・団体:  IFIP  Kickstarter  KT  カールツァイス  クエストビジュアル  Lenovo  LGエレクトロニクス

カール・ツァイス

(Carl Zeiss から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/01 04:49 UTC 版)

カール・ツァイス (Carl Zeiss) は、


  1. ^ 特許を取らない方針については、他社に特許を取得されてしまうために技術公開の目的が達成されず、やむを得ず特許を取得して公開する方針に切り替えられた
  2. ^ ドームレス真空式塔太陽望遠鏡。
  1. ^ a b Slides of Press Conference for fiscal year 2007/08, December 18th, 2008
  2. ^ Annual Report Carl Zeiss Group 2006/2007
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m 『カール・ツァイス創業・分断・統合の歴史』pp.9-42「カール・ツァイスの創業」。
  4. ^ a b c d e f g h i j 『カール・ツァイス創業・分断・統合の歴史』pp.43-54「労働法の先駆、カール・ツァイス財団」。
  5. ^ a b 『クラシックカメラ専科No.12、ミノルタカメラのすべて』p.127。
  6. ^ 『クラシックカメラ専科No.12、ミノルタカメラのすべて』p.128。
  7. ^ 『ツァイス・イコン物語』p.93。
  8. ^ a b c d e f 『カール・ツァイス創業・分断・統合の歴史』pp.115-154「東西ドイツ分断とツァイス社」。
  9. ^ a b c d e 『クラシックカメラ専科No.38、プラクチカマウント』p.51。
  10. ^ a b c 『銘機礼賛2』p.187。


「カール・ツァイス」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Carl Zeiss」の関連用語

Carl Zeissのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



Carl Zeissのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2019 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリカールツァイスの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカール・ツァイス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS