高階隆兼とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 美術 > 画家 > 高階隆兼の意味・解説 

高階隆兼

読み方たかしな たかかね

鎌倉時代後期宮廷絵師一説に邦隆の次男、また隆親の次男という。姓は藤原春日土佐を称し、のちに高階改める。従五位下絵所右近大夫将監花園天皇勅命により『春日権現験記』を描く。また藤原為信筆『賀茂祭絵詞』を写した。画風繊細華麗で、鎌倉時代大和絵完成を示すものである延慶頃(1308~1311)歿。

高階隆兼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/09/15 08:32 UTC 版)

高階 隆兼(たかしな たかかね、生没年未詳)は、鎌倉時代後期頃に活動した御所絵所の絵師。右近大夫将監。子に高階隆継。




「高階隆兼」の続きの解説一覧



高階隆兼と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「高階隆兼」の関連用語

高階隆兼のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



高階隆兼のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2019 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの高階隆兼 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS