防戦とは?

ぼう せん ばう- [0] 【防戦】

( 名 ) スル
相手攻撃防ぎ戦うこと。 「 -すること三日遂に落城した」

防戦

読み方:ボウセン(bousen)

中世私闘で、防衛のために戦うこと、また、その者。


防戦

読み方:ぼうせん

  1. 売方騰貴するのを喰止めやうとして売防ぎ買方低落を喰止めやうとして買防ぐをいふ。〔相場語〕

分類 相場

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

私軍

(防戦 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/12 17:48 UTC 版)

私軍(わたくしいくさ)、私戦(しせん)とは、近世以前の日本において太政官符宣旨幕府の命令などの公的命令によらずして、敵討自力救済のために行われる小規模な武力行使・戦闘行為。今日の歴史学では、私戦と呼ばれるのが一般的である。西欧におけるフェーデと近い概念があると言われている。




「私軍」の続きの解説一覧



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「防戦」の関連用語

防戦のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



防戦のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2020 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの私軍 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS