都城大弓とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 伝統的工芸品 > 都城大弓の意味・解説 

都城大弓

【工芸品名】
都城大弓
【よみがな】
みやこのじょうだいきゅう
【工芸品の分類】
竹工
【主な製品】
弓道
【歴史】
鹿児島成(なり)の流れをくむ大弓で、江戸時代後期には盛んに作られていたこと記録に残っています。明治時代入り川内地区から来住した親子多くの弓作り職人養成しました豊富な原材料恵まれたこともあって、昭和初期には、東アジアにまで製品が売られるような大産地になりました。戦後低迷期がありましたが、最盛期には30人近くの弓作り職人活躍していました。現在でもわが国唯一の産地として竹弓の9割を生産しています。
【主要製造地域】
宮崎県
【指定年月日】
平成6年4月4日
【特徴】
弓は外側7つ内側6つの節で構成され、形が決められます。弓の形は弓作り職人によって異なりますが、上下重さ釣り合っていて、弓を射るときの弓返りのときの重量配分重心考えた弓が、良い弓です。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「都城大弓」の関連用語

都城大弓のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



都城大弓のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
伝統的工芸品産業振興協会伝統的工芸品産業振興協会
Copyright (C) 2021 (財)伝統的工芸品産業振興協会 All rights reserved.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS