菱文図大小鐔とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 刀装具一覧 > 菱文図大小鐔の意味・解説 

菱文図大小鐔

ひしもんずだいしょつば

江戸前山城国京都西陣
赤銅石目地竪丸形片切彫平象嵌

縦七五・七
横六九
切羽厚さ


縦七一・四
横六五・三
切羽厚さ

特製大小落込桐箱
消費税込 )附 鑑定書

上質赤銅地を上品な碁石形の竪丸形造り込み精緻な石目を蒔き施し金覆輪式に二重耳を廻らして品位の高い鐔面を造り出している。切り込み強く流れるような曲線水面様子彫り描き、布袋葵などの水草文様化し、金、銀、素銅平象嵌で描いている。片切彫繊細趣があるも鏨の切り進む様子綺麗に立って力強く、金の平象嵌は鮮やか、対して銀は黒色化し深味のある景観を生み出している。埋忠一門は、桃山時代俵屋宗達本阿弥光悦などと共に琳派美意識創造深く関わった明壽に代表され、その独特の平象嵌は、その後一門感性により更なる発展をみている。この埋忠重義は明壽直系で、時代寛文頃と鑑られ、同人とされる明真と作風近似して、しかも出来秀抜である。
菱文図大小鐔


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「菱文図大小鐔」の関連用語

菱文図大小鐔のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



菱文図大小鐔のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
銀座長州屋銀座長州屋
Copyright (c)1998-2019 Ginza Choshuya Co.Ltd. All rights reserved

©2019 Weblio RSS