花景透図鐔とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 刀装具一覧 > 花景透図鐔の意味・解説 

花景透図鐔

江戸初期
縦76.8mm横75.8mm
切羽台厚7.1mm
鉄槌目地丸形地透丸耳
上製落込桐箱
良く鍛えられた地をほぼ真丸形造り込み、やや丸みを帯びた耳には一部合わせ鍛えの鍛着面が窺われ所々粒状鉄骨現れている。表面には微細目が施され、切り施された透しの際には微かに鑢目の痕が残り硬くなりがちな透の線に陰影与え深みのある錆色と共にもう一つ性質である粘り強さ想起させる切羽台を中心に非対称に配された花は唐花呼ばれる想像上の花に似て古風な趣。京透を繊細な都好みとすれば尾張透野趣に富む武家好み、とは昔から言われてきたことだが、尾張力強さ洗練された意匠感覚が見事に融合している。
花景透図鐔


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「花景透図鐔」の関連用語

1
100% |||||

花景透図鐔のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



花景透図鐔のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
銀座長州屋銀座長州屋
Copyright (c)1998-2019 Ginza Choshuya Co.Ltd. All rights reserved

©2019 Weblio RSS