花文雁金透図鐔とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 刀装具一覧 > 花文雁金透図鐔の意味・解説 

花文雁金透図鐔

はなもんかりがねすかしずつば
江戸時代初期
武蔵國江戸
鉄槌目地丸形陰透丸耳小肉鉄槌目竪丸形陰透丸耳古肉
縦:74.3cm
横:72.5cm
切羽厚さ:6.2cm
特製落し込み桐箱
鑑定書
赤坂鐔洒脱な意匠鍛え優れた風合いをその最大魅力とし、古来より京・尾張・肥後並び賞される透かし鐔の名流として知られている。中でも、古赤坂極められた作品重ね厚くどっしりとした迫力のある優品多く数寄者の好むところとなっている。
本作大きく張り出し小柄櫃形状とやや尖りごころのある切羽台、あるいは丸みを帯びた自然な耳の手際など古赤坂特徴顕著作品。独特の光沢放つ錬り鍛えられた地には黒味を帯びた上質黒錆びが付き、耳には随所尾張鐔想起させる鉄骨隆起している。花文と雁金巧みに配置して、曲線直線嫌味なく構成したバランス感覚赤坂鐔本領が十分に発揮されている。
花文雁金透図鐔


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「花文雁金透図鐔」の関連用語

1
100% |||||

花文雁金透図鐔のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



花文雁金透図鐔のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
銀座長州屋銀座長州屋
Copyright (c)1998-2019 Ginza Choshuya Co.Ltd. All rights reserved

©2019 Weblio RSS