平成25年台風30号とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 平成25年台風30号の意味・解説 

平成25年台風第30号

読み方:へいせいにじゅうごねんたいふうだいさんじゅうごう
別名:平成25年台風30号、2013年台風第30号2013年台風30号

2013年11月4日太平洋上で発生し、フィリピンベトナム中国大きな被害をもたらした台風米海軍合同台風警報センターJTWC)の観測によると、最低気圧は895ヘクトパスカル最大瞬間風速105メートル達し史上最大級の台風となった。アジア名中国語の「海燕」に由来する「ハイエン」で、フィリピンでは「ヨランダ」と呼ばれている。

台風30号11月8日フィリピン上陸し、レイテ島サマール島中心とする中部島々壊滅的被害をもたらした。被災地では多数死傷者発生し、略奪支援団体対す襲撃発生など、治安悪化も報じられている。11月13日現在、死者の数はレイテ島中心都市タクロバンだけで1万人に及ぶともいわれている。台風フィリピン横断して南シナ海抜けた後、勢力を保ったままベトナムおよび中国にも達し両国でも死者数十万人被災者発生を伴う被害をもたらした。

日本政府は、11月12日台風30号被災地対する緊急援助物資供与決定し、自衛隊医療チーム派遣を行うことを発表している。また、米国では11月10日オバマ大統領哀悼の意表明し、翌日には空母派遣するなど、積極的な人道支援活動を行う構え見せている。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「平成25年台風30号」の関連用語

平成25年台風30号のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



平成25年台風30号のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2019 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2019 Weblio RSS