学習する組織とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 団体 > 組織 > 学習する組織の意味・解説 

学習する組織

読み方がくしゅうするそしき
別名:ラーニング・オーガニゼーション
【英】:Learning Organization

マサチューセッツ工科大学のピータ・センゲ教授は、「The Fifth Discipline」を著しその中で「学習する組織」を「人々継続的にその能力を広げ、望むものを創造したり、新し考え方やより普遍的な考え方育てたり、人々互いに学びあうような場」と定義し、提唱した。

このような目的達成するために、センゲ教授は、以下の5つのツール提言した。

 (1)システム思考システマチック問題解決技法
 (2)個々人自己認識
 (3)物事認識仕方
 (4)共有化されたビジョン
 (5)チームによる学習

学習する組織については、その後多く研究者様々な定義を行っている。
D.A.ガービンは、学習する組織の構築のためのマネジメントツールとして次の5つを挙げている。

 (1)TQCのような問題解決技法
 (2)実験
 (3)過去経験歴史からの教訓
 (4)他社との比較
 (5)組織内への知識トランスファー

これらのポイント意識的体系的認識され、具体手法行動パターンになるためのシステム仕組み作ることが、「組織」に求められている。



学習する組織と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「学習する組織」の関連用語

学習する組織のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



学習する組織のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JMACJMAC
Copyright (C) JMA Consultants Inc. All Rights Reserved.

©2019 Weblio RSS