咎とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 概念 > 行為 > の意味・解説 

きゅう【×咎】

[音]キュウキウ)(漢) [訓]とがめる とが

とがめる。とが。「咎徴罪咎


とが【×咎/科】

人から責められたり非難されたりするような行為。あやまちしくじり。「失敗彼の—ではない」

罰されるべき行為。罪。「盗みの—で捕らえられる」

非難されるような欠点

筑波嶺にそがひに見ゆ葦穂山悪しかる—もさね見えなくに」〈三三九一〉


とが【咎・科】

〔名〕

① 人から、とがめられるべきこと。責められるような行為。あやまち過失失策

霊異記810‐824)下「彼の徳を讚す応(べ)し。其の欠(トガ)を謗ら不(ざ)れ。〈真福寺訓釈 欠 止加〉」

政談1727頃)三「咎は無れども亦功もなし」

非難されるような欠点人柄として、足りない点。短所。きず。

万葉(8C後)一四・三九一筑波嶺背向(そがひ)に見ゆ葦穂山悪しかる登我(トガ)もさね見えなくに」

源氏100114頃)帚木「いと口惜しく、たのもしげなきとがや、猶、苦しからむ」

法的道徳的にとがめられるべき行為罪科。罪。

延喜式(927)祝詞九条家本訓)「咎(トカ)過(あやまち)在らむをば見直し聞直し」

浄瑠璃平家女護島(1719)四「瀬尾を討ったる咎(トガ)に任せ

④ 罪によって科せられる罰。刑罰

*金刀比羅本保元(1220頃か)下「罪を謝し科(トカ)を宥(なだめ)らるる」


とが・む【咎】

〔他マ下二〕 ⇒とがめる(咎)


とがめ【咎・尤】

〔名〕 (動詞とがめる(咎)」の連用形名詞化

とがめること。なじること。非難すること。そしり。叱責

源氏100114頃)若菜上「いかで、人目とがめあるまじくもて隠して」

太平記14C後)一三如何なる御沙汰にか逢候はんずらんと上の御尤(トガメ)を怖て」

② つみやあやまち対する罰。

(10C終)九九北の陣より、五月雨は、とがめなきものぞとて、さしよせて」

悪いことをしたと思って心に痛み感じること。

真夏の死(1952)〈三島由紀夫〉「むしろ彼女の良心の咎(トガ)めは」

売り過ぎや買い過ぎによって起こる、相場大きな反動。〔取引所用語字彙1917)〕


とが・める【咎・尤】

1 〔他マ下一〕 [文]とが・む 〔他マ下二

悪事欠点などをそれと指示して非難する。取り立てて責める。問いただす。なじる。

古事記(712)上「速須佐之男命〈略〉大嘗を聞看(きこしめ)す殿に屎麻理(くそまり)散らしき。故、然為れども天照大御神は登賀米(トガメ)ずて告りたまひしく」

尋常小学読本(1887)〈文部省〉六「今此表を読みて、其無礼咎むるまでに上達せられしは」

不審に思って心をとめるまた、珍しいもの、興をそそるものに対して注意を向ける。

書紀720崇峻即位前(図書寮本訓)「河内国司、其を尤(トカメ)異(あやしび)、朝庭上(まうしあぐ)」

源氏100114頃)橋姫「似つかはしから袖の香を、人ごとにとがめられめでらるるなむ」

2 〔自マ下一〕

はれものなどが刺激を受けて、熱が出たり痛んだりする。

和英語林集成初版)(1867)「キズガ togameru(トガメル)」

悪いことをしたと思って心に痛み感じる。

野の花(1901)〈田山花袋〉七「それでは余りに心が咎めるから」


出典:『Wiktionary』 (2020/03/21 14:16 UTC 版)

発音


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



咎と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「咎」の関連用語

咎のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



咎のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS