二次汚染とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 汚染 > 二次汚染の意味・解説 

にじ‐おせん〔‐ヲセン〕【二次汚染】

人の活動によって排出された物質が、大気水・土壌中で化学変化起こし別の物質になり、環境汚染すること。オキシダントなどの例がある。

汚染源に接触した人や物品を介して、ほかに汚染広がること。雑菌のついた食品を切った包丁別の食品を切り、全体雑菌広がるなど。


二次汚染

人の活動によって直接発生する汚染一次汚染といい,これが物理的化学的変化し,別の種類汚染となる状態を二次汚染といいます。二次汚染の代表的なものに光化学スモッグあります

交差汚染(二次汚染)

一般には、調理済み食品原材料と交わって、微生物病気因子によって
染されることをいい、二次汚染ともいいます。例えば、調理器具包丁、ま
な板など)や人間の手を介して、ある食品(肉、など)から別の食品野菜など)に微生物移行する場合に用います。また、食品飼料製造の際、他の食品飼料向けの原材料汚染物質などが混入した場合にも用います。



二次汚染と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「二次汚染」の関連用語

二次汚染のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



二次汚染のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
九州環境管理協会九州環境管理協会
財団法人 九州環境管理協会(以下、「当協会」とします)ホームページに記載されている全ての文章、写真その他の画像等の著作権は、すべて当協会に帰属します。これらを無断で転載・複製することは、私的使用または引用として使用する場合を除き、著作権法で禁止されています。
食品安全委員会食品安全委員会
Copyright © 2006 - 2021 Food Safety Commission. All Right Reserved.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS