ランプサッカーとは?

Weblio 辞書 > 生物 > 動物図鑑 > ランプサッカーの意味・解説 

ランプサッカー

ランプサッカー
ランプサッカー
ランプサッカー
ランプサッカー
名称
ランプサッカー
飼育園館
葛西臨海水族園
生息地
北大西洋
体の大きさ
全長60cm
えさ
つぎのご覧ください
特徴
こぶだらけの吸盤きゅうばん)を持つ」という名前のとおり、体に大小イボがたくさんあり、腹びれ変化してできた吸盤で、岩などにくっついています。クラゲ小さなエビなどをえさにし、ふだんは水深300mくらいまでのやや深いところにいますが、春から夏には浅いところにきて産卵します。産卵期のオスの体は真っ赤になり、うみつけられた卵を守ります。卵は高級魚卵のキャビア代用品として利用され、日本でも売られています。別名を「ヨコヅナダンゴウオ」とも言い、この名のとおり世界最大ダンゴウオです。
 
“ランプサッカー”に関連するニュース・催し物はこちら(2件)



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ランプサッカー」の関連用語

ランプサッカーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ランプサッカーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
東京ズーネット東京ズーネット
東京ズーネット」は財団法人東京動物園協会が運営する都立動物園の公式サイトです。
© 2001-2021 Tokyo Zoological Park Society. All rights reserved.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS