トウショとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > トウショの意味・解説 

とう‐しょ〔タウ‐〕【当初】

そのことのはじめ。最初また、その時期。「—の計画」「—組まれ予算


とう‐しょ【投書】

[名](スル)

意見希望苦情などの書状関係機関などに送ることまた、その書状。「役所に—する」

投稿」に同じ。


とう‐しょ〔タウ‐〕【当所/当処】

この場所この土地当地

事務所事業所など、「所」の付く機関自身をさしていう語。


とう‐しょ〔タウ‐〕【島×嶼】

《「島」は大きなしま、「嶼」は小さなしまの意》大小のしまじま。しま。


とう‐しょ【頭書】


とう‐しょ〔タフ‐〕【答書】


島嶼

読み方:トウショ(tousho)

大きな島や小さな島


頭書

読み方:トウショ(tousho)

事書の上部に陳述の是非を記すこと。


当所

読み方:トウショ(tousho)

所在 福岡県朝倉郡筑前町

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

トウショのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



トウショのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS