クロスセリングとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > マーケティング用語 > クロスセリングの意味・解説 

クロスセリング

顧客にたいして、顧客希望する製品サービス関連するものを推奨し、購入していただくこと。
売上げ拡大手法一つ顧客単価増大させるために広く行われている手法
しかし、マーケティング最終的顧客との良好な関係を維持発展させることである以上、過度押し売りならないよう配慮が必要。よりよいサービスや高い付加価値商品持たせることで、顧客満足度の向上につながるクロスセリングが必要です。

クロス・セリング

【英】cross selling

商品サービス販売するにあたり、その商品関連する別の商品サービスあるいは組み合わせ商品同時に販売することをいう。アップ・セリングと共に販売額増加させるためにダイレクト・マーケティングテレマーケティングではよく用いられる手法顧客購入した商品によって、その関連商品プロモーションすれば購入促進される。顧客購買履歴データベース保管し、データ・マイニングツールなどを用いて関連購買分析する(「アソシエーション参照)。この購買関連が高い製品メッセージすることによってより高い販売が可能になる。テレマーケティング実施している場合関連販売スクリプト準備しておき、電話販売担当者関連販売提案すると購入単価アップさせることができる。

Cross Selling クロスセリング

商品サービス販売するにあたり、その商品関連する別の商品サービスあるいは組み合わせ商品同時に販売することをいう。アップセリングと共に販売額増加させるためにテレマーケティングではよく用いられる手法である。 各種商品情報蓄積したデータベース整備によって始めて実現可能となる。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「クロスセリング」の関連用語

クロスセリングのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



クロスセリングのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
マインズマインズ
COPYRIGHT © MINDS CO., LTD. ALL RIGHT RESERVED.
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2019by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
テレマーケティングジャパンテレマーケティングジャパン
Copyright (C)TELEMARKETING JAPAN, INC

©2019 Weblio RSS