オー・エス・エイチ・エム・エスとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > マネジメント用語 > オー・エス・エイチ・エム・エスの意味・解説 

労働安全衛生マネジメントシステム

別名:OSHMS、オー・エス・エイチ・エム・エス

「労働安全衛生マネジメントシステム」を直訳した略語

OSHMSは、事業所における安全衛生水準向上を図ることを目的として、計画的かつ継続的安全衛生管理主体的推進するためのシステム

1999年4月当時労働省(現・厚生労働省)から「労働安全衛生マネジメントに関する指針」が告示されて以来多く事業場自主的安全衛生管理推進する観点から導入積極的に進められている。

2003年3月には、厚生労働省所管認可法人中央労働災害防止協会が「JISHA方式適格OSHMS認定事業」を開始同年9月には、トヨタグループ豊田安全衛生マネジメント株式会社愛知県豊田市)も、中央労働災害防止協会提携して認定事業開始した。

JISHA方式適格OSHMS認定事業特徴
・同基準厚生労働省の「指針」、およびILOの「ガイドライン」を包含しているが、OHSAS18001とは一部相違点がある。事業場高水準システム求めているので、認定事業場ステイタスが高い。

認定基準適合しているかどうかだけではなく、安全衛生知識のある評価員が、「ここをこう直したらどうですか」という助言をして、一定期間の中で改善し、認定基準達したところで認定する。

実際に安全衛生活動確実に実行されていれば文書化にこだわらず、必要最小限文書備え付けでよい。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「オー・エス・エイチ・エム・エス」の関連用語

オー・エス・エイチ・エム・エスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



オー・エス・エイチ・エム・エスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JMACJMAC
Copyright (C) JMA Consultants Inc. All Rights Reserved.

©2019 Weblio RSS