イー・シー・アールとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > マネジメント用語 > イー・シー・アールの意味・解説 

ECR

読み方エフィシエント・カスタマー・レスポンス、イー・シー・アール
【英】:Efficient Consumer Response

1980年代米国適用され始め消費財企業における改革考え方方法論である。
起源は、ウォルマートストアーズ社とP&G社のベストプラクティスにある。

米国では、食品日用雑貨業界企業自主的組織であるVICS(The Voluntary Interindustry Commerce Standards Association)が推進母体となっており、その活動は今も継続している。

ECRでは、以下の4つの領域における改革機会追求する。

 (1)効率的品揃え
 (2)効率的プロモーション
 (3)効率的商品補充
 (4)効率的決済

日本では、商慣習見直し取引ルール簡素化透明化に関する検討が必要となるケースが多い。また、国内には、業界束ねる推進組織はなく、最近ではSCM(Supply Chain Management)の方が一般的になっている。

消費需要低迷もあり、企業間における改革機会放置されたままとの認識もあるが、外資小売参入も一つ契機として、企業を超えた�メーカー−卸間SCM、�卸−小売SCM、�メーカー小売SCMこれから本格化すると考えられる


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「イー・シー・アール」の関連用語

イー・シー・アールのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



イー・シー・アールのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JMACJMAC
Copyright (C) JMA Consultants Inc. All Rights Reserved.

©2019 Weblio RSS