イーシャンテンとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 趣味 > 麻雀用語 > イーシャンテンの意味・解説 

一向聴 イーシャンテン

一向聴とは、あと1枚必要な牌がくればテンパイする状態のこと。

一向聴

(イーシャンテン から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/08 15:31 UTC 版)

一向聴(イーシャンテン)とは、麻雀用語のひとつで、必要な牌があと1牌来たらテンパイになる状態のこと。すなわち、テンパイする直前の状態のことである。言葉の用例としては、「場に3枚切れている嵌張(カンチャン)を先に引いて、好形の一向聴になった」「ドラを切ればテンパイだが、愚形で巡目も早いので一向聴に戻した」など。なお、本項では一向聴に関連する用語や概念についても併せて概説する。


注釈

  1. ^ 暗槓または加槓を行った場合は、嶺上牌の取得により1回の手番の間に向聴数が複数減少することもある。
  2. ^ 副露したために七対子・国士無双が不可能になった場合にのみ起こり、四面子一雀頭の和了形のみを考慮する場合は起こらない。

出典

  1. ^ 日本プロ麻雀協会. “日本プロ麻雀協会 麻雀用語講座バックナンバー”. 2012年5月31日閲覧。沼崎定跡の項に「戦前の理論」「現在でいう完全一向聴」とある。
  2. ^ 浅見了. “沼崎雀歩”. 2012年5月31日閲覧。
  3. ^ 浅見了. “ポンチーよし”. 2012年5月31日閲覧。


「一向聴」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

イーシャンテンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



イーシャンテンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
オレンジハウスオレンジハウス
Copyright(C) 2022 ORANGE HOUSE All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの一向聴 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS