アマナとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 難読語辞典 > アマナの意味・解説 

阿末奈

読み方:アマナ(amana

ユリ科多年草園芸植物薬用植物


アマナ

アマナ
科名 ユリ科
別名: -
生薬名: サンジコ山慈姑
漢字表記 甘菜
原産 日本 中国 朝鮮
用途 日当たりのよい草地に自生する多年草乾燥させた鱗茎解毒滋養強壮などに用います。名前のとおり鱗茎甘く食用にもされます。
学名: Amana edulis Honda
   

甘菜

読み方:アマナ(amana

ユリ科多年草園芸植物薬用植物

学名 Tulipa edulis


甘菜

読み方:アマナ(amana

鳴子百合船腹萎蕤麻黄古名または、萱草別称


甘菜


甘菜


阿末奈

読み方:アマナ(amana

ユリ科多年草園芸植物薬用植物

学名 Tulipa edulis


阿末奈

読み方:アマナ(amana

鳴子百合船腹萎蕤麻黄釣鐘人参古名または、萱草擬宝珠別称


ツリガネニンジン キキョウ科

ツリガネニンジン
キキョウ科
収穫時期 食べられる部位 清見町での呼び名
3月6月 若苗・根・花

チチナ・アマナ


葉 花

味わう

若苗はゆでてから細かく切って納豆とあえ、ごはんの上にかけて食べる。他に、おひたし油炒め、汁の実に。
根はゆでて和え物煮物に。
花は酢の物サラダに。

薬効

漢方では、根を沙参しゃじん)と呼んで、強壮鎮咳去痰薬として使う。


DATA
花の形が釣り鐘に似ていて、白くて太い根の形が朝鮮人参似ていることからツリガネニンジンと呼ばれている。
平地から山地まで、日当たりのいい野原土手山道のわきなどに生え多年草で、夏の終わりから秋にかけて花を咲かせる
【清見情報
アマナとは、甘菜(ウマナ)が(アマナ)に変化したといわれる
を折ると、白い乳液状の汁が出ることからチチナとも呼ばれる
(これはキキョウ科共通の特徴である。)

甘菜

読み方:アマナ(amana

日当たりのよい原野疎林中に自生するユリ科多年草

季節 春、夏

分類 植物


アマナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/12/06 15:38 UTC 版)

アマナ

  • アマナ (植物) - 甘菜。ユリ科の植物。
  • フダンソウの岡山県における別名。
  • アマナ (企業) - ストックフォトの企画販売事業を行なう企業及びそのブランド。
  • アマナ (家電) - アメリカ合衆国の大型家電製品メーカー及びそのブランド。
  • アメリカ合衆国アイオワ州の地名。→ミドル・アマナ、サウス・アマナなど。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アマナ」の関連用語


2
98% |||||

3
98% |||||

4
90% |||||

5
90% |||||

6
90% |||||

7
90% |||||

8
90% |||||

9
90% |||||

10
90% |||||

アマナのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



アマナのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
エーザイエーザイ
Copyright(C) 1996-2019, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.
エーザイ薬用植物一覧
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ひだ清見観光協会ひだ清見観光協会
(C)2019 ひだ清見観光協会
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアマナ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS