てきちょくとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > てきちょくの意味・解説 

躑躅

読み方:つつじ・てきちょく

つつじ(躑躅)とは、ツツジ科ツツジ属植物である。枝分かれ多くねばねばした毛があるのが特徴である。春から夏にかけて枝先白色紅色紫色花を咲かせる。花の形は漏斗状で、先は五つ分かれている。おしべは十本程度

古くは「万葉集」に、「水伝磯の浦みの岩つつじもく咲く道をまたも見むかも」(巻二・185番)などと詠まれている。ヤマツツジ・ミツバツツジなど野生種数十存在しているが、江戸時代庭園植え植物として人気を博したことにより、園芸用品種改良進みキリシマツツジなど多数の種が生まれた常緑の種も落葉の種もある。サツキツツジ一種で、正式にサツキツツジ呼ばれる植物種である。

躑躅を「てきちょく」と読んだ場合には、足踏みをしたり立ち止まったりするなど、躊躇しながら進む様子意味する熟語である。ただし、この読み方をしている場合にも、まれに漢語的な用法植物のつつじを指すこともある。一説には、つつじの余り美しさ道行く人が足を止めることから、つつじに躑躅の字当てたと言われている。

平安時代の襲(かさね)の色目(いろめ)にも、「躑躅」の名がある当時着物用いられる絹は透過性高く表地裏地色の組み合わせ美し効果生まれたのであるが、例えば、表地を赤、裏地を緑にすることで、つつじを連想させたのであるいわゆる十二単呼ばれる女性たち重ね着おいても袖口などで、紅・淡紅・より淡い紅・青(緑)・淡青淡緑)・白という連なり見せる「躑躅」と呼ばれる襲色目存在した。 

てき‐ちょく【××躅】

読み方:てきちょく

足踏みすること。ためらうこと。

つつじ。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

てきちょくのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



てきちょくのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2022 GRAS Group, Inc.RSS