てくとは?

てく

てくてく歩くこと。徒歩。「てくで来た」


て◦く

連語連語「ていく」の音変化。上に付く語によって「でく」とも》…していく。…しつついく。だんだん…する。「本を持っ—◦く」「貯金が減っ—◦く」「鳥が飛んでく」


てく

〔名〕 徒歩で行くこと。てくてく歩き

惰けもの(1899)〈徳田秋声〉一「さっさと歩行(テク)で出かけやうとする処を」


てく

〔副〕 (多く「と」を伴って用いる) 物が急に倒れ込むさまを表わす語。〔名語記(1275)〕


て・く

連語〕 (「て行く」の変化したもの。上に来る語によって「でく」になることがある) 他の動詞連用形に付いて、「…しつつ行く」「…して行く」「だんだん…する」などの意を表わす

滑稽本浮世風呂(1809‐13)四「本直(もとね)になりゃア出入場持行(もっテキ)てへが」

童謡あめふり1925)〈北原白秋〉「かあさんの、おほきなじゃのめに、はいってく」


てく

  1. 徒歩のこと。東京地方の語。歩くといふをてくるなどといふ。
  2. 歩く。
  3. 徒歩のことをいふ。てくるともいふ。てくてくと歩くから。
  4. 〔不〕歩くこと。「テクル」「テクシー」など云ふ。「テクシー」は「タクシー」の綾言葉で、てくること。「ケル」とも云ふ。

分類 不、不良少年東京地方

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「てく」の関連用語

てくのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



てくのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS