つくばねうつぎとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > 草木 > 空木 > つくばねうつぎの意味・解説 

つく ばねうつぎ [5] 【衝羽根空木】

スイカズラ科落葉低木山地自生。高さ約2メートル卵形五月頃,端に上端五裂する筒状鐘形淡黄白色の花を数個つける。萼片は五個。和名は果実の頂に萼片残存するさまを衝羽根見立てたもの。形態変異が多い。

つくばねうつぎ (衝羽根空木)

Abelia spathulata

Abelia spathulata

Abelia spathulata

Abelia spathulata

Abelia spathulata

わが国固有種で、本州の東北地方の太平洋側以南から四国九州分布しています。日当たり良い谷間生え、高さは1~2メートルになります卵形から楕円卵形対生し、縁には不規則鋸歯あります5月から6月ごろ、白色から淡黄色の花を、先に2個ずつ咲かせます。下唇内側オレンジ色模様があり、同じ大きさ萼片が5個あるのが特徴です。名前は、果実のかたちを追い羽根見立てたもの。全体長い開出毛が多く萼片の幅がやや狭いものは「ケツクバネウツギ(f. pilosa)」と呼ばれます。
スイカズラ科ツクバネウツギ属落葉小低木で、学名Abeliaspathulata。英名はありません。
スイカズラのほかの用語一覧
タニウツギ:  箱根空木
ツクバネウツギ:  アベリア  小衝羽根空木  衝羽根空木
ニワトコ:  そくず  西洋赤実接骨木  西洋接骨木



つくばねうつぎと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「つくばねうつぎ」の関連用語

つくばねうつぎのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



つくばねうつぎのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2019 shu(^^). All rights reserved.

©2019 Weblio RSS