つうふうとは?

Weblio 辞書 > 建築・不動産 > ログハウス用語 > つうふうの意味・解説 

つう ふう [0] 【痛風】


つう ふう [0] 【通風】

( 名 ) スル
空気を通すこと。空気流通の悪い所に新鮮な空気を通すこと。 「 -をよくする

通風〈つうふう〉

風の通りのこと。住宅建築では、快適な室内をつくり出すため、また建物長持ちさせるために欠かせないもの。暑さに対して体感温度下げる、空気をきれいに保つ、湿気がこもらないようにする、といったことに有効で、建築地の風向き考えることはもちろん、空気入り口出口適切な位置設けることが重要である。

痛風【つうふう】

高尿酸血症 (尿酸値が 7.0mg/dl を超え、尿酸濃度濃くなっている状態) が持続した結果組織尿酸塩が沈着し、足指などの関節炎腎臓おかされる病気です。特に、関節沈着した場合はひどい痛み伴います。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「つうふう」の関連用語

つうふうのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



つうふうのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
地球丸地球丸
Copyright© The Whole Earth Publications Co.,Ltd. All Rights Reserved.
地球丸ログハウス用語集
QUPiOQUPiO
Copyright © 2019 Healthcare Committee, Inc. all rights reserved

©2019 Weblio RSS