さやあてとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > さやあての意味・解説 

さや当て

読み方:さやあて
別表記:鞘当て

些細なこと咎め立てし、いさかい起こすこと武士の鞘咎め」が由来とされる

さや‐あて【×鞘当て】

読み方:さやあて

武士が道で行き違うときに、互いに刀の鞘に触れたのをとがめ、争うこと。さやとがめ転じてささいなことからおこるけんか・争い

一人女性をめぐり二人の男性が争うこと。「恋の—」

歌舞伎趣向一つで、二人武士が鞘を当てたことから争いになるというもの。元禄10年(1697)江戸中村座上演の「参会名護屋(さんかいなごや)」が最初で現在の形は文政6年(1823)江戸市村座上演の「浮世柄比翼稲妻(うきよづかひよくのいなずま)」の吉原仲の町の場による。


鞘当

読み方:さやあて

  1. 劇場隠語色事により不和となること。
  2. 双方同じ一人婦人手に入れんとして相争ふ事。〔歌舞伎
  3. さやあて。演劇用語、双方共に同一の女を手に入れ為に争ふこと。
  4. ⑴行違つた武士が、互に刀のこじりの打当つたのを咎めること。⑵転じて一人の女を二人の男互に手に入れんとして争うこと。

分類 東京劇場歌舞伎演劇用語

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

さやあてのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



さやあてのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
銀座長州屋銀座長州屋
Copyright (c)1998-2022 Ginza Choshuya Co.Ltd. All rights reserved
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS