かなみひめとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 生物 > 品種登録データベース > かなみひめの意味・解説 

かなみひめ【カナミヒメ】(野菜)

登録番号 第12570号
登録年月日 2005年 1月 19日
農林水産植物の種 いちご
登録品種の名称及びその読み かなみひめ
 よみ:カナミヒメ
品種登録の有効期限 20 年
育成者権の消滅  
品種登録者の名称 金指信夫
品種登録者の住所 静岡県富士市松岡1227番地の5
登録品種の育成をした者の氏名 金指信夫
登録品種の植物体の特性の概要
この品種は、「とちおとめ」と「章姫」の混植ほ場栽培していた「とちおとめ」から採種した自然交雑種子から育成されたものであり、果実長円錘形で大きく果皮の色が鮮紅の品種である。草姿中間勢は強、草丈はやや高、分げつ多少は少である。ランナー数はやや少、葉色濃緑形状上向き葉数は少、葉柄太さは太である。果皮の色は鮮紅、果形は長円錘、果実大きさは大、果肉色は淡紅、果心の色は淡赤、果実光沢は中である。花の大きさはやや大、花弁の色は白、花房当たり花数はやや多、花柄太さは太、花柄長はやや長である。果実硬さはやや硬、無種子帯はほとんど無しそう果落込みはやや落込み大、そう果数及び果実香りは中である。季性は一季成、開花始期は中、成熟期はやや早、開花位置と同水準可溶性固形物含量高、酸度はかなり低である。「とちおとめ」と比較して、果皮の色が鮮紅であること、果形が長円錐であること、果心の色が淡赤であること等で区別性が認められる
登録品種の育成経過概要
この品種は、平成10年育成者ほ場静岡県富士市)において、「とちおとめ」と「章姫」の混植ほ場栽培していた「とちおとめ」から自然交雑種子を採種し、11年には種し、その実生の中から選抜以後増殖行いながら特性の調査継続し、13年にその特性が安定していることを確認して育成完了したのである





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

かなみひめのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



かなみひめのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
農林水産省農林水産省
Copyright The Ministry of Agriculture. Forestry and Fisheries of Japan
品種登録ホームページ

©2022 GRAS Group, Inc.RSS