かぜくさとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > > > かぜくさの意味・解説 

かぜ くさ [0]風草

イネ科多年草路傍に普通に見られる線状。秋、小穂多数集まって高さ30センチメートルほどの紫褐色円錐花序をつくる。ミチシバ。カゼシリグサ。風知草ふうちそう)。

かぜくさ (風草)

Eragrostis ferruginea

Eragrostis ferruginea

わが国本州から四国九州それに朝鮮半島中国ヒマラヤ分布しています。畔道道端草地などに生え、高さは3060センチほどになります根本から斜上して立ち上がり細長い線形叢生します。「オオバコ」と同じく踏みつけにも強い雑草です。8月から10月ごろ、先の円錐花序に、疎ら紫色を帯びた小穂をつけます。
イネ科スズメガヤ属多年草で、学名Eragrostis ferruginea。英名はありません。
イネのほかの用語一覧
スズタケ:  毛篶  篶竹
スズメガヤ:  撓垂れ雀茅  風草
スズメノチャヒキ:  犬麦  芒犬麦  雀の茶挽



かぜくさと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

かぜくさのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



かぜくさのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2020 shu(^^). All rights reserved.

©2020 Weblio RSS