おわコンとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > おわコンの意味・解説 

おわコン

別表記:終わコンオワコン

話題性薄れ魅力がなくなり、既に興味を引かなくなったコンテンツなどを意味する表現俗に終わったコンテンツ」を略した表現として用いられるインターネットスラング。主にゲームやアニメマンガなどについて言うが、人物に対して用いる場合などもある。

オワコン

(おわコン から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/01 07:34 UTC 版)

オワコンおわコン、終わコン、終わったコンテンツとも)とは、主に一般ユーザー又は、個人ユーザーに飽きられてしまい、一時は栄えていたが現在では見捨てられてしまったこと[1]、ブームが去って流行遅れになったこと、および時代に合わなくなった漫画アニメ商品サービス[2][3][4]を意味するインターネットスラングである。


  1. ^ a b c d “おわこん(終わコン):モニ太のデジタル辞典” (日本語). 読売新聞. (2010年12月13日). オリジナル2010年12月16日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/ZX5IU 2014年1月18日閲覧。 
  2. ^ a b 終わコン” (日本語). コトバンク/デジタル大辞泉. 朝日新聞社/小学館. 2014年10月16日閲覧。
  3. ^ 現代用語の基礎知識2014年版自由国民社2013年、1178頁。ISBN 978-4426101329
  4. ^ a b c “終わコン(今流ことば)” (日本語). 東京新聞(夕刊、クイズ面右): p. 4. (2012年1月7日)  - G-Searchにて2014年12月8日閲覧。
  5. ^ ネット流行語大賞2011(本家版)結果発表!金賞「ぽぽぽぽ〜ん」銀賞「ただちに影響はない」銅賞「セシウムさん」”. ガジェット通信. 東京産業新聞社 (2011年12月1日). 2012年2月1日閲覧。
  6. ^ 第6回『もっと明鏡』大賞 みんなで作ろう国語辞典!結果発表”. 大修館書店 (2011年12月12日). 2015年4月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年1月30日閲覧。
  7. ^ 古市憲寿 (2013年7月3日). “クロックワークナイトをもう1度―社会学者古市憲寿氏(プロムナード)” (日本語). 日本経済新聞(夕刊): p. 7  - 日経テレコンにて2014年11月25日閲覧。
  8. ^ ネット死語:「オワコン」って言うのがもうオワコン?” (日本語). ITmedia PC USER. アイティメディア (2016年3月6日). 2016年3月23日閲覧。
  9. ^ 「曖昧なままにしていませんか 何となく聴き逃してきた今さら聞けないワード集」、『DIME』第30巻第1号、小学館2015年3月、 77頁。
  10. ^ たまごまご (2011年6月1日). “流行なんて関係ない! アニメが好きなだけなんだ…! 「月刊アニメスタイル」が本気すぎて泣いた” (日本語). エキサイトレビュー. エキサイト. 2016年3月23日閲覧。
  11. ^ 西條耕一 (2014年7月1日). “新番組「おわこんTV」(BS試写室)” (日本語). 読売新聞(朝刊、首都圏): p. 40 


「オワコン」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「おわコン」の関連用語

おわコンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



おわコンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2019 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのオワコン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS