もっと明鏡大賞とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > もっと明鏡大賞の意味・解説 

もっと明鏡大賞

読み方:もっとめいきょうたいしょう

中学校高等学校生徒対象国語辞典に載せたい言葉募集して、その中から優秀な作品選出するイベントの名称。出版社大修館書店主催している。

「もっと明鏡大賞」は、もともと、2005年に『明鏡国語辞典携帯版』の新装発刊記念イベントとして行われたものである

2011年12月に第6回「もっと明鏡大賞」が開催され、結果発表されている。最優秀作品賞には、「エアーイン」、「枝る」、「おわコン」、「錯覚揺れ」、「捨て寝」、「適電」、「電索」、「なでしカン」、「仏女」、「萌袖」の10作品受賞した。この他に、2000作品以上が入賞し、中には「れんほートーク」、「ソーリー大臣」、「どじょう男子」、「どじょる」など政治関連した用語が選ばれている。

大修館書店によれば、「もっと明鏡大賞」は第6回をもって休止するとしている。

関連サイト
第6回『もっと明鏡』大賞 みんなで作ろう国語辞典!結果発表 - 大修館書店


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「もっと明鏡大賞」の関連用語

もっと明鏡大賞のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



もっと明鏡大賞のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS