あしかがたかうじとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 日本史辞典 > あしかがたかうじの意味・解説 

あしかがたかうじ -たかうぢ 【足利尊氏】 ○

1305~1358室町幕府初代将軍在職1338~1358)。初名高氏元弘の乱建武の中興きっかけをつくる働きをし,後醍醐天皇の諱(いみな)尊治の一字賜り改名。のち天皇にそむき,1336年光明天皇擁立し,室町幕府を開いて南朝対立した。夢窓疎石帰依し,天竜寺などを建立

足利尊氏 (あしかがたかうじ)


足利尊氏

読み方:あしかが たかうじ

室町幕府初代将軍。貞氏の子初名高氏鎌倉幕府より後醍醐天皇討伐の命を受けるが、反旗を掲げ六波羅探題を滅ぼす。のち天皇対立深め建武式目制定して幕府開き征夷大将軍となった。以後吉野南朝、弟直義と抗争続けた。夢窓疎石帰依し、後醍醐天皇冥福を祈るため元に天龍寺船派遣し、その利益天龍寺建立した。延文3年(1358)歿、54才。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「あしかがたかうじ」の関連用語

あしかがたかうじのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



あしかがたかうじのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
防府市教育委員会防府市教育委員会
Copyright 2019,Hofu Virtual Site Museum,Japan
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2019 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.

©2019 Weblio RSS