《松風焼き》の正しい読み方とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 《松風焼き》の正しい読み方の意味・解説 

《松風焼き》の正しい読み方

「松風焼き」の正しい読み方

松風焼き」は一般的にまつかぜやき」と読む。料理の名称であり、謡曲の「松風まつかぜ)」にちなん呼び名である。「松風単独で音読みで「しょうふう」と読む場合もあるが、「松風焼き」を「しょうふうやき」と読むことはない。

「松風焼き」の意味解説

松風焼き」は、いわゆるのし鶏熨斗鶏)の表面ケシ実やクルミなどを散らした料理である。挽肉(主に挽肉)に味付けして焼いたものがベースとなっている。

松風焼き」という呼び名は、観阿弥原作とされる謡曲松風」にちなむ。同曲には「須磨の浦は風が吹きすさん寂しい」という情景描写がある。ここから表面にはケシなどを散らして賑やかに彩る裏面には何もしないのし鶏を、「裏側寂しい」=「浦は寂しい」とひっかけて「松風焼きと呼ぶようになったと言われている。

和菓子にも「松風」と呼ばれる菓子があるが、これも表にケシゴマをまぶす(裏には特に何もしない)という共通点がある

なぜ「松風焼き」と読むのか・理由

松風焼きを「しょうふうやき」ではまく「まつかぜやき」と読む理由としては、「まつかぜ」と読む作品松風」に依拠しているからである



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

《松風焼き》の正しい読み方のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



《松風焼き》の正しい読み方のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS