KJ法とは?

KJ法

川喜田二郎氏(東京工業大学名誉教授)が開発した手法彼のイニシャル取ってこう呼ばれる

一見関連性の低い多く断片的情報統合して、アイディアを生み出したり、問題解決糸口探り出すための手法。

多く雑多情報を、関連性の高い単位グループ化分類統合を進めることで、グループを意味を持つ単位集約させることができ、そこからアイディア解決糸口を得ることができる。

関連ページ
論理思考力育成プログラム

KJ法

問題解決の手法の一つであり、多くアイディア課題などをカード書き出し共通点のあるカード同士をまとめ、整理し、グループ間の関係性図式化していく手法です。無秩序多様な情報整理していくことで、問題解決糸口導き出します考案者の文化人類学者喜多二郎氏のイニシャルをとってKJ法と呼ばれています。

KJ法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/10/07 09:48 UTC 版)

KJ法(-ほう)は、文化人類学者の川喜田二郎東京工業大学名誉教授)がデータをまとめるために考案した手法である。KJは考案者のイニシャルにちなむ。




「KJ法」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「KJ法」の関連用語

KJ法のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

文字あふれ

iPhone 4

Palm Pre

Surface Studio

Amazon Fire HD 8

BlackBerry Z10

iOS 7

FOMAハイスピード





KJ法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー
Copyright© 2017 Active and Company Ltd. All rights reserved.
食品安全委員会食品安全委員会
Copyright © 2006 - 2017 Food Safety Commission. All Right Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのKJ法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS