820SCとは?

820SC

820SC
820SC


基本スペック
重さ 約132g
サイズ 約幅51.3×高さ102.8×厚さ18.4mm (折りたたみ時。突起部除く)
連続通話時間※1 250分(日本国内・W-CDMA)/約400分(GSM)[静止時]
連続待受時間※1 450時間日本国内・W-CDMA)/約450時間GSM)[静止時]
充電時間 180
※1 連続通話時間および連続待受時間は、日本国内において電波を正常に受信できる静止状態での平均的利用時間です。

カメラ静止画
有効画素数撮像素子 196万画素/CMOS30万画素/CMOS
最大保存容量枚数 最大115MB・共有23,000(目安)
連続撮影枚数 9
ズーム デジタル3倍
ライト(内蔵)
QRコード認識
接写撮影

カメラ動画
最大保存容量 最大115MB・共有
最大録画時間 60分(本体ムービー写メール不可)、 約1分(ムービー写メール対応)
撮影ファイル形式 MPEG-4
動画撮影サイズ 320×240

ディスプレイ
メインディスプレイ種類 有機EL(QVGA)
ディスプレイサイズ 2.6インチ
表示方式表示色 有機EL最大26色/有機EL65,000

メール
メール※2 S!メールMMS)[デコレメール、フィーリングメール、デルモジ表示ムービー写メール写メール
受信保存件数送信保存件数 SMS500件/250件、S!メールMMS):500件/250
※2 820SCはデコレメールアレンジメール表示されます。

その他 機能
TVコール
国際ローミング
テレビ
ミュージックプレイヤー
顔認証機能
外部メモリ※3.4 microSD推奨する外部メモリ最大容量:2GB)
Bluetooth®※5 ○(Ver.2.0)
赤外線通信(IrDA)※6 ○(IrMC1.1)
テレビ出力※7
メモリダイヤル
登録可能件数※8
1,000件 (1件につき電話番号5件/メールアドレス5件)
簡易留守録
シンプルモード
データフォルダ容量※9 最大100MB・共有
アクセス制限 ウェブ利用制限機能特定サイトへのアクセス制限が可能
オリジナル機能 マルチ検索音声認識機能、ドキュメントビューアー、番組プレビュー
※3 外部メモリ保存したデータを、保存した携帯電話機以外でご利用になると、正しく表示再生等されない場合ありますまた、同梱表記のないメモリカードはすべて別売です。
※4 推奨する最大容量超える外部メモリは、使用できない場合あります
※5 すべてのBluetooth®機器とのワイヤレス通信保証するものではありません。
※6 すべての赤外線通信機器とのデータ通信保証するものではありません。機種によっては送受信できないデータあります
※7 テレビ出力に対応したS!アプリのみ出力可能です。
※8 登録内容により最大件数変動します。
※9 実際空き容量異な場合あります

SoftBank 820SC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/08/25 01:53 UTC 版)

(820SC から転送)

SoftBank 820SC(ソフトバンク はちにいまる エスシー)は、韓国サムスン電子によって開発された、ソフトバンクモバイル第三世代携帯電話 (SoftBank 3G) 端末である。2008年2月22日発売。






「SoftBank 820SC」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「820SC」の関連用語

820SCのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

820SC

920SH

920SH YK

913SH G TYPE-CHAR

821SH

820SC

823SH

821SH





820SCのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
SoftBankSoftBank
© 2016 SOFTBANK MOBILE Corp. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのSoftBank 820SC (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS